あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【GB】もんすたあ★レース ~「レース + RPG」という画期的なジャンル~

こんにちは。最終皇帝です。
なんだか急に暖かくなりましたね。というよりはクソ暑くなりましたね^^;
最近は、寒暖の差が激しくて、季節を感じられません。

あ~、早く冬にならないかなぁ。夏はあんまり好きじゃないんだよなぁ。。。

今回紹介するゲーム

さて、今回は「もんすたあ★レース」です。

ゲームボーイのレーシングゲームは、ハズレが多いのですが、どうやらこのゲームは、ちょっといつもと様子が違うようです。

f:id:appli-get:20180326221803j:plain

もんすたあ★レース ©1998 KOEI CO.,LTD.

価格

BOOK OFFにて250円で購入しました。バーチャルコンソールでは発売されていないようです。 

あらすじ

最終皇帝君が住む世界には、その辺の草むらや、川の中に「モンスター」と呼ばれる生物が棲んでいる。

ある日、最終皇帝君はお父さんに、モンスターの足の速さを競うレースである「もんすたあ★レース」の会場まで行って、参加のエントリーをしてくるよう、おつかいを頼まれた。

最終皇帝君は頼まれたとおり、エントリーをするのだが、誤って、父親の分だけでなく、自分の分までエントリーしてしまった。

お父さんの元へ戻ると、「どうせエントリーしたのだから、最終皇帝も参加してみてはどうか?」と大会への参加を誘われる。

コレがきっかけとなり、「もんすたあ★レース」への出場を果たした最終皇帝君は、最高峰「ベリーベストカップ」を目指して、旅に出るのであった。

ゲームシステムなど

レーシングRPGというのが正しいでしょうか。RPGでいう「戦闘」の部分が「モンスター同士のかけっこ」に変わったようなゲームです^^

レース

モンスターはその辺の草むらや、水の中、道等に潜んでいます。主人公がフィールド上を歩いていると、特定の場所でエンカウントし、彼らと「かけっこ」をするか問われ、「はい」を選択すると、レースが始まります。

なお、野生のモンスターとの戦いだけでなく、「他の飼い主と、お互いのモンスターを賭ける『かけレース』」、大会でのレース等もあります。

f:id:appli-get:20180328210647j:plain

レース中のイメージ(本物はもっと可愛い(笑))

勝利条件

「かけっこ」は、主人公が持っているモンスターと行われ、主人公のモンスターが、相手のモンスターよりも先回りできれば勝ち、逆に相手のモンスターに大差をつけられれば、逃げられてしまいます

勝利した場合は、走ったモンスターに経験値が与えられ、その負けたモンスターを捕まえることができます(※)。
※ 不要なら、にがすこともできます。

なお、かけっこは1匹のモンスターだけで行う必要は無く、スタミナが切れそうになったり、苦手な地形に入ったら、控えのモンスターと交代することもできます

モンスター

モンスターには、「スタミナ」、「スピード」、「落ち着き」といったパラメータが用意されており、かけっこの速さ・持久力や、モンスター交代時の速さ等に、影響を与えます

また、各モンスターは「能力」と「特技」というものを持っています。

「能力」は地形の得意/不得意を表しており、レース中の地形が得意なものであれば、速く走ることができます。例えば、「しばふ」の上を走るのが得意なモンスターいたり、「ぬまち」の上を走るのが苦手なモンスターがいたりします。

「特技」は各モンスターの固有の技で、レース中に相手の妨害をしたり、自分のパラメータをUPさせたりすることができます。

進化

特定のモンスターは、レベルが一定値に達すると、進化します^^

なんだか、こういうシステムをどこかで見たことがあるような。。。

ミックス

特定のモンスター同士をくっつけて、新たなモンスターを作り出す「ミックス」というシステムがあります。

ちなみに、私はこのシステムを使うことで生まれてくるモンスターが、常に微妙だったため、最後まで「かけレース」で手に入れたモンスターもしくは、野生で捕まえ他モンスターのみ、使ってクリアしました^^

プレイ時間

14時間ぐらいでクリアできました。

良い点・楽しい点

画期的なゲームシステム

まず、「レーシング」の要素と「ロールプレイング」というジャンルを合わせるところが、画期的です( ゚ ω ゚ ) ! ! 

「レーシング」の部分も、通常のそれとは異なり、モンスターの動きを直接、プレイヤーがハンドリングするのではなく、モンスターが走り易いように、戦略を立てるゲームとなっています。

いわば「遠くから選手を応援している監督」が「モンスターという選手たち」と共に、チャンピオンを目指していくようなRPGですね^^;

こういったゲームはこれまで経験したことがなかったため、新鮮でした Σ(゚ロ゚;) 

愛くるしいモンスター

なんだか、小柄でぽっちゃり系のモンスターが、諸手を挙げて、一所懸命走っている姿が、愛くるしいです (´∀`艸)♡ 

地形によって、モンスターを使い分けるのが面白い

レースは、自分の好きなモンスターを、ひたすら走らせるだけでは勝てません。

手持ちのモンスターの特性(得意な地形)を頭に入れながら、戦略を立て、無事1番でゴールする楽しさが、このゲームの醍醐味です。

「全ては、勝利のために!」(′ – ′)フーン。

悪い点・残念な点

レベル上げに時間がかかる

ゲームシステム上、仕方の無いことですが、1回の追いかけっこをする時間が長いため、手持ちのモンスターのレベルを上げるのに、時間がかかります^^;

もうとにかくレベルを上げたいときは、先手必勝でレース開始時に、敵モンスターを妨害するのがオススメです(笑)。

その他

全体的にアレに似ている

  • キャラクタの画像
  • 家の中の風景
  • フィールド風景
  • 追いかけっこ中のモンスター交代

どこを取っても、一目見た時に「ポケット〇ンスター」に凄く似ている気がしました^^; 気のせいかな。

プレイのコツ

最初は、特性とか地形とかよく分からないと思います。

そんなときは、とりあえず、お気に入りのモンスターを6匹連れていき、レース中に「こうたい」画面の各モンスター名横の「マーク」を見てみてください
(下図、赤枠部分です)

このマークは、「今走っている地形が得意か?」を表しており、「☆>◎>〇>△」の順になっています。

f:id:appli-get:20180328235323j:plain

赤枠部分のマークが地形との相性を表しています

6匹も連れていけば、1匹は「〇」以上が付いているはずなので、そいつらを走らせてあげれば、大体上手くいきます^^

やっているうちに慣れてくるので、細かいことは後で考えればOKです!!

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★★☆ (オススメします)

モンスターの特性と地形の関係が分かってくると、急に楽しくなり始めます(ノ∀`笑)) 
中古価格も安く、シナリオのボリュームもそこそこありますので、コスパもかなり良いです。興味を持たれた方は、是非楽しんでみてください^^

最後に

ちなみに「もんすたあ★レース おかわり」という次作(?)も発売されているようで、HARD OFFのショーウインドウに飾られていましたが、価格が1,000円を超えていました^^; まぁ確かに本作が面白かったので、分からないでもないですが。

もんすたあ レース

もんすたあ レース