あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【SFC】風来のシレン 不思議のダンジョン2 ~「風来のシレン」シリーズの記念すべき第1作目~

こんにちは。最終皇帝です。
ゲームをプレイしていると、時折、昔の日本をモチーフにしたものに出会うことがありますが、どことなく親しみと懐かしさを感じ、結構好みです。

一番それを感じたのは、以前紹介した「天外魔境ZERO」ですが、それに劣らず、日本の風情を感じられる、良いゲームを今回は紹介したいと思います^^

今回紹介するゲーム

さて、今回は「風来のシレン 不思議のダンジョン2」です。以前紹介した「月影村の怪物」より前に発売されていた作品であり、風来のシレンシリーズの第1作目です。

f:id:appli-get:20180530224328j:plain

不思議のダンジョン2 風来のシレン ©1995 CHUN SOFT

価格

すいません。中学生の頃に購入したので、完全に価格を忘れてしまいましたm(_ _)m
まぁ中学生の頃なので、お小遣いもあまり無いし、2,000円はしていなかったと思いますが。

ダウンロード版等は、発売されていないようですね。

あらすじ

黄金のコンドルが棲むところ、そこには、幻の黄金郷があるという。この黄金郷を求め、旅を続ける、風来人と呼ばれる男達がいた。

そして、その黄金郷こそが、テーブルマウンテンの頂上、「太陽の大地」にあるという風を聞き、今までも多くの風来人達が、挑戦してきた。

しかし、到達できた者は、まだ誰もいない。

今ここに、無謀にも黄金郷を目指す、三度笠の男「最終皇帝(笑)」とその相棒のイタチ「コッパ」が現れたのだった。

ゲームシステムなど

以前紹介した「風来のシレンGB 月影村の怪物」と同様、ローグライクゲームです。本作は、GB版よりも前に発売されていますが、グラフィックやBGMのクオリティは、当たり前ですが、こちらの方が上です。

「ローグライクゲーム」の説明については、下記、過去記事をご参照ください。本記事では、GBと異なる箇所を説明します。

www.retroboydiary.com

ストーリー

あらすじを呼んでいただくと分かるかもしれませんが、GB版の「月影村の怪物」に比べると、ストーリーが明るくなっています。
(GB版がちょっと暗すぎた気もしますが。)

サブストーリー

GB版では、犬やニワトリが仲間になりますが、彼ら自身のストーリーはありませんでした。その点、本作で仲間になる人物には、それぞれサブストーリーが用意されています。まぁ人によっては、時間のムダと感じるかもしれませんが^^;

肉アイテム

本作には、「モンスターの肉」と呼ばれるアイテムがあります。その肉をシレンが食べると、そのモンスターに変身でき、肉を敵に投げると、当たったモンスターを強制的にその肉のモンスターに変身させることができます。

モンスターの能力を使いたい場合や、強敵を弱い敵の肉で、弱体化させる時に効果を発揮します。

階層の途中に町や村がある

GB版では、最終階層までひたすら、敵が出現するエリアを歩き回りましたが、本作は、ある特定の階に、町や村が存在します。

町や村では、下記のようなことができます(下記は一例です)。

  • 仲間になるキャラクターのイベントを見る
  • お店でアイテムを購入
  • 宿屋で休む
  • 鍛冶屋で武器を強化

ダンジョンに敵以外のキャラクターが出現

GB版では、ダンジョンに入ると、敵もしくは、以前はぐれた仲間しか登場しませんでしたが、本作では上記以外に、ストーリー上、関係の無いキャラクターが出現します。下記はそれらのキャラクターの一例です。

  • コックさん
  • ツボ押し名人
  • 目がイタイと泣く少女

人によっては、アイテムをくれたり、ステータスを上昇(もしくは下げる)させてくれたりしますので、積極的に声をかけたいところです。

プレイ時間

エンディングを見るのに、20~25時間程度かかったと思います。なお、フェイの問題はプレイしていません。

良い点・楽しい点

前作同様、とにかくBGMが良い

時には、「ダンジョンらしい、恐怖感と、底知れぬ樹海に迷い込んだような不安感が入り混じる曲」があったり、「和な感じと、希望と平穏を感じさせるゆったりした町の曲」があったりと、情景にマッチした良曲がそろっています。やっぱり「すぎやま こういち」さんは凄い人だなぁ、と感じてしまいました。

泥棒

今回は真面目にプレイしたため、前回のGBの時のように、泥棒はしませんでした。
が、やはり風来のシレンは、ダンジョンのお店からアイテムを強奪するのがロマンでしょう(笑)。

細かいやり方については、前回の記事で書いたため、割愛しますが、迫り来る超怪力の持ち主「店主」とその一味が、シレンを叩きつぶすために近づいて来る恐怖感は、他のゲームでは味わえないでしょうΣΣ(゚д゚lll) 

悪い点・残念な点

特に悪い点は見当たりませんでした。

その他

クリアのコツ

武器・防具の強化

前回の「月影村の怪物」と同様、まずは武具をしっかり強化する必要があります。オススメの方法は、「山頂の町」の倉庫に武器・防具を保管しておいて、何度も強化しに行くのが良いです。順を追うと、下記のようになります。

  1. 渓谷の宿場から、竹林の村まで移動。
    (移動する際、アイテムとギタンをできるだけ手に入れておく)
  2. 竹林の村の道具屋に行き、「天の恵みの巻物」もしくは「地の恵みの巻物」が
    あれば全て買う。
  3. 山頂の町まで移動。倉庫に入れてある武器を鍛冶屋に持っていき、鍛える。
  4. 倉庫に入れてある盾を取り出す。
  5. 天・地の恵みの巻物を武器・盾に使う
  6. 武器・盾を倉庫に戻す
  7. 先へ進んでゲームオーバーになる
  8. 武器・防具が強くなるまで、手順1~7をひたすら繰り返す。

なお、鍛冶屋で鍛えられるのは、武器だけのため、たまに手に入る白紙の巻物*1は盾優先で鍛えた方が、効率が良いです。

メッキ加工

探検の途中、武具を錆びさせる罠や敵がおり、それらにやられると、強化レベルが-1されてしまう。それを防ぐために、強化した武器・防具には必ず「メッキの巻物」を使用し、メッキ加工しておくことをオススメします。

最終装備・ステータス

私の最終装備とステータスの詳細は、下記のような感じでした。なお、やり直しの回数は「85回」でした。

アイテム名 強化レベル
カタナ +30
鉄甲の盾 +15
呪いよけの腕輪 -
ステータス名 パラメータ
レベル 36
HP 158
剣の強さ 35
盾の強さ 21
満腹度 150%
ちから 8/8
経験値 96857

「呪いよけの腕輪」は正直、要りませんでした。他に装備するものがなかったので、とりあえず、あったものを付けておきました(笑)。

なお、私は凄く運が良く、テーブルマウンテンの20Fあたりで、モンスターハウス + 召喚スイッチのあるエリアが出現しました。そのため、ここで、マスターチキン(経験値400)やミノタウロス(経験値300)をひたすら倒しまくり、この時点でレベル33ぐらいまで上げられました^^

下図の真ん中の「とんがりコーン」みたいなヤツが「召喚スイッチ」です。これを踏むと、赤枠の部分と、図のシレンがいる場所辺りに、敵が出てきます。とりあえず、この召喚スイッチを故意に踏み続け、出てくる怪物を倒し続けました

f:id:appli-get:20180531232334j:plain

真ん中にあるのが召喚スイッチ

なお、最終的に役に立ったアイテムは、「背中の壷」、「弟切草」、「混乱の巻物」、「ドラゴン草」でした。基本はHPが高かったので、心配になる部分はありませんでした。おそらく、上に書いた「召喚スイッチ」が無かったら、こんなに普通にクリア出来なかったかも。。。

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★★★ (かなりオススメします)

ローグライクゲームの1ターンずつ、ハラハラしながら、ダンジョンを進んでいく感じが楽しい一品です。また、和の情景にマッチした良曲の数々は、ゲーム音楽マニア・「すぎやまこういち」マニアであれば、一度は聴いておくべきでしょう。

最後に

そういえば、「フェイの問題」をほとんどプレイしていなかった。。。後で暇な時にプレイしてみよう^^

不思議のダンジョン2 風来のシレン

不思議のダンジョン2 風来のシレン

 

*1:巻物に自分で名前を書くと、その名前の巻物になるアイテム。例えば、「ちのめぐみ」と書くと、「地の恵みの巻物」になる。