あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【GB】クイックス ~電子音系雑音との戦い~

こんにちは。最終皇帝です。
唐突ですが、世の中のゲームには、ジャンルの他に下記3つの「ゲー」が存在します。

  • 良ゲー:心に残り、多くの人に愛されるゲーム。
  • クソゲー:プレイヤーのストレスをあおり、後世、心の底に居座り続けるゲーム。話のネタとしては良ゲーを圧倒するほど盛り上がる。
  • 忘却ゲー:存在自体を忘れられるゲーム。

私も大人になり最近分かってきましたが、数多くのクソゲーを遊んでおいて良かったです。「忘年会の席」、「クタクタに疲れ、友人と共にスーパー銭湯に行ったとき」、「元気の無い同僚を励ますとき」、クソゲーを罵倒することで日頃のストレスを発散することができ、とんでもない連帯感が生み出されます。いつか役に立つときがきっと来ます。

今回紹介するゲーム

というわけで、今回はゲームボーイの「クイックス」をご紹介します。
とりあえず電源を入れると、けたたましい電子音系雑音と、なんとも言えない音楽がお出迎えしてくれます。バーチャルコンソールでは発売されていないようです。
[2018/02/19 追記]
バーチャルコンソールで発売されていたとの情報を頂きました。間違った情報を書いてしまって申し訳ないです。

クイックス

クイックス ©1981 TAITO / TAITO AMERICA

パッケージを見たときは、昔ファミコンで発売されたB-ウイングみたいなシューティングゲームかなと思いましたが、実際はいかに。ドキドキ。

B-ウィング

B-ウィング

 

価格

近所のBOOK OFFにて108円で売っていました。 安い割にはあまり見かけません。

あらすじ

あらすじなんてものは無いようです。

ゲームシステムなど

一言で言うなら、お邪魔虫に当たらないように、陣地を奪い取る(囲う)ゲームです。波に当たらないようにしながら、特定の割合以上の陣地を囲えばクリアとなります。

陣地の囲い方

陣地を囲う際、

  1. Bボタンを押して陣地を描く低速モード
  2. Aボタンを押して陣地を描く高速モード

があり、低速モードで描くと高得点、高速モードで描くと低得点となります。
(低速だと波が襲ってくるリスクがあるため、得点が高くなるということです。)
まぁ得点が高くても、オンラインの得点ランキングがあるわけではないので、さびしいんですが。下の図でいうと、オレンジ色になっているところが高速モードで囲った場所、オレンジと黒のメッシュになっている箇所が低速モードで囲った場所です。

お邪魔虫

陣地を描いている最中に、2種類のお邪魔虫が出てきます。1つは画面上を動き回る線群で、これが例の「雑音を発する波」です。コイツは陣地が描かれていない場所(白地の場所)を縦横無尽に動き回ります。
2つ目は、こちらが描いた陣地に沿って迫ってくる粒です。コイツらはプレイヤーの陣地を描くカーソルに迫ってきて、陣地を囲っている最中に当たると、ゲームオーバーとなります。

その他

画面上にかかれている内容の詳細は↓こんな感じです。

  • 75%: ステージクリアするための陣地取得率。
  • 52%: 現在の陣地取得率。
  • 9920:現在の得点。

プレイ時間

1時間プレイして、一旦止めました。いつかやります。たぶん。きっと。

良い点・楽しい点

残念ながら、ものすごく単調なゲームで、あまり楽しめませんでした。

悪い点・残念な点

正直、全体的に面白くなかったです。108円なので、ハズレても痛手ではないのですが。ちなみに大きめの音でイヤホンを付けて遊ぶと、耳が結構痛くなります^^;
音量にお気をつけください。

個人的な評価

全面クリアしていないこと、ストーリーは無いことを踏まえ、現時点では「ボリューム」、「ストーリー性」を0にしています。

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

☆☆☆☆☆ (オススメしません)

展開にひねりが無く、頭を使うようなゲームでもないため、私には性に会いませんでした。 「クソゲー  = 大体盛り上がる」ことが多いですが、このゲームはおそらく盛り上がらないでしょうね。つまり、「忘却ゲー」ということです。辛口ですかね?

最後に

108円のゲームは良ゲー、クソゲー、忘却ゲーの3種類が程よく混在していますね。大体3:4:3ぐらいの比率でしょうか。

クイックス

クイックス