あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【GB】聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜 ~マナの樹を巡る伝説の始まり~

こんにちは。最終皇帝です。
ブログを書き始めてから、だいぶ経ちましたが、始める前と比べて、日常生活で変わったところが何点かあります。例えば、

  • 語彙力の向上
  • できるだけ画を使って説明するようになった
  • 自分の書いた文章を見返すようになった
  • 口が上手くなった(笑)

などが挙げられます。今後もブログを通して、何かしら上達できたら嬉しいです^^

今回紹介するゲーム

さて、今回は「聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜」です。「聖剣伝説」の記念すべき、第1作目です。

そういえば、昨年あたりに「NINTENDO SWITCH」にて、本作が含まれた「聖剣伝説コレクション」というものが発売されていましたね^^

f:id:appli-get:20180506003854j:plain

聖剣伝説 〜ファイナルファンタジー外伝〜 ©SQUARE

価格

BOOK OFFにて、1,550円で購入しました。バーチャルコンソールでは、発売されていないようです。

あらすじ

雲の上まで、遥か高くそびえる、イルージアの山。その頂上の神殿には、マナの木がまつられている。マナの木は、宇宙の全ての力を感じ取り、それをエネルギーにして、自らを成長させる。

伝説では、その気に触れた者は、永遠の力を得ることができると云われている。殺戮と恐怖で、世界征服をたくらむ、グランス公国のシャドウナイトも、マナの木の力を狙っていた。

ここは、グランス公国のコロシアム。「最終皇帝(仮)」とその仲間達は、モンスターとの命がけの戦いを毎日強いられていた。

牢屋から出されては、戦わされ、勝つことによって得られる、わずかな食料でその日を生きていた。しかし、奴隷達は度重なる負傷と、疲労のため、次々と倒れていった。

そんな中、最終皇帝は、仲間のウィリーから息絶える直前、「危機に瀕しているマナの木を救って欲しい」と頼まれた。彼はウィリーの最後の望みを叶えるため、コロシアムから脱走を試みる。

(オープニングより)

ゲームシステムなど

縦・横スクロールのアクションRPGです。
(下のスクエニ公式さん動画の[0:45]あたりから、本作のプロモ動画が出ています)

youtu.be

戦闘システム

全般

画面上に操作キャラクターが配置され、そのキャラクターをプレイヤーが操作します。
雰囲気は「ゼルダの伝説」に結構似ています

戦闘

操作するキャラクターは、Aボタンで「通常攻撃」、Bボタンで「アイテム・魔法の使用」をすることができ、これらを駆使して、フィールド上の敵を攻撃したり、キャラクターのHP、状態異常を回復しながら戦闘します。

武器

武器には種類があり、前方へ攻撃する「ソード・スピア」、周囲を攻撃する「くさりがま」、遠くへ攻撃する「フレイル」等があります。武器は、ステータス画面で自由に変更することができます。

魔法

Bボタンで使用する「アイテム・魔法」も武器と同様、ステータス画面で自由に変更することができます。例えば、回復魔法の「ケアル」や、毒状態を解除する「どくけし」等、色々なものを装備することができます^^

パワーゲージ(正式名称不明)

画面最下部にあるパワーゲージを最大まで溜めると、必殺技を発動することができます。必殺技の種類は、装備している武器によって異なります

例えば、ソードを装備している場合は、敵に向かって飛びかかっていき、チェーンフレイルを装備しているときは、チェーンが長い距離伸びます。

また、最大の状態でケアル(回復魔法)を使用すると、回復量がUPします。
(攻撃魔法はアップしているのかよく分かりません^^;)

NPCのサポート

イベントを進めていくと、旅の途中、NPCの仲間が戦闘に加わってくれます。彼らは主人公のHPを回復させてくれたり、魔法攻撃で援護をしてくれます。

主人公の育成

主人公は武器・防具を装備することにより、「こうげき」と「ぼうぎょ」をアップすることができます。

さらに、主人公自身の基本ステータスが存在し、下記のように分類されています。

パラメータ名称 効果
たいりょく HP、防御力が成長します。
ちから 攻撃力が成長します。
かしこさ MP、魔法攻撃力が成長します。
せいしん 上がるほど、必殺技のゲージが溜まり易くなります。

上記のパラメータは、レベルアップ時のタイプ選択により、自分の育てたい方向性で上昇させることができます。

  • 戦士タイプ
  • モンクタイプ
  • 魔道士タイプ
  • 賢者タイプ

一応、パラメータは下記の感じで、配分されます。「力」と「賢さ」を同時に上昇させることはできないようですね

タイプ 体力 賢さ 精神
戦士 +1 +2 0 +1
モンク +2 +1 0 +1
魔道士 +1 0 +2 +1
賢者 +1 +0 +1 +2

プレイ時間

厳密に測定していませんが、20~25時間ぐらいはかかったと思います。

良い点・楽しい点

ストーリー性

シンプルなストーリーながら、「世界を守るために旧友を犠牲」にしたり、「多くの協力者の助けを得ながら、主人公が精神的に成長していく」といった人間ドラマが展開されています。ゲームボーイのグラフィックのため、リアルさは無いものの、数々の心に残るシーンがあります(´;Д;`)

武器の性質

使用する武器によって、攻撃方法(範囲)が変わるところが面白いです。例えば、「ブロードソード」であれば、前方の攻撃、「くさりがま」であれば、主人公の周囲全てを攻撃するといった効果が現れます。

また同じ方向を攻撃する武器でも、武器自体の重さも表現されており、例えば「バトルアックス」は、「ブロードソード」と攻撃範囲が同じですが、重さが加味され、振るスピードが遅くなったりします。

こういった細かい点が、戦闘アクションの面白さを向上させています^^

分かり易く・自由度の高い操作

「通常攻撃」と、「選択したアイテム・魔法の使用」の操作だけでプレイできるため、単純で分かり易いです。なお、単純な割には、アイテム・魔法の種類が多いため、自由度が高いです^^

BGM

サウンド担当が「ロマンシングサガ3」で有名な「伊藤賢治」さんということもあり、間違いが無いです^^
(少々私の信仰心が入ってしまっていますが(笑))

特に、フィールドでかかる曲は、まさに長く続く道のりをあらわすような、使命感溢れる曲で、ゲームを進めるにあたって、何度聴いても不快になりません。

サウンドトラックが出ているの知りませんでした^^;

果てしなき戦場

果てしなき戦場

  • 伊藤賢治
  • サウンドトラック
  • ¥150
  • provided courtesy of iTunes

悪い点・残念な点

破壊可能な構造物の見極めが大変

ゲームを進める際、アイテムを使用して、壁を壊したり、木を切ったりできる箇所がありますが、その壊せる箇所が結構分かりにくいです^^;

よほど勘が冴えているか、コツを掴まないと、すぐには気づかないかもしれません。逆に言うと、コツを覚えると、「ここはアイテムを使えば通れそうだな」と分かり始めます。

いずれにしても、壁の色がちょっと違うとか、何かしらのヒントがあれば嬉しかったです。
(正直、私はかなりの時間、この仕様に苦しめられました^^;)

その他

レベル上げ

最終的には、主人公が強くなるしかないため、ある程度レベル上げが必要になります。

集中して、主人公のレベル上げをする際は、できるだけ「NPCのプレイヤーがいる時」をオススメします。彼らがいると、戦闘が優位に進められ、彼らが倒した敵の経験値は、主人公に入ります。

また、彼らはHP, MPが無限なので、積極的に利用していきましょう^^

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★★☆ (オススメします)

ストーリー性・ボリューム感・BGM、全体を通して、バランスの取れた良作です^^
ただ、「ファイナルファンタジー外伝」というタイトルになっている割には、FFっぽい要素は薄いです。純粋に聖剣伝説というゲームタイトルでも良い気がします^^;
(そもそもFFっぽさとは何かと言われると難しいですが)

最後に

FFでお馴染みのあのキャラクターが、改造され、メカになり、ついでにホバーまで搭載された一幕は、なんだか複雑な気持ちになりました^^;

聖剣伝説ファイナルファンタジー外伝

聖剣伝説ファイナルファンタジー外伝

 
聖剣伝説コレクション - Switch

聖剣伝説コレクション - Switch