あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【SFC】スーパーマリオカート ~あの頃のレーシングゲームに衝撃を与えた不朽の名作~

こんにちは。最終皇帝です。
みなさんは、ゴーカートで遊んだことはありますか。私は社会人なりたての頃、仲間に連れられて、一度だけ行ったことがあります。

普段、車に乗らないペーパードライバーの私でも、一応オートマチックなので、乗ることができましたが、ひたすらスリップしていたような気がします。(カートなのに、)安全運転していたつもりだったんですがね^^;

多分、もう行くことは無いでしょう(笑)。
さて、今回はカート場に行かなくても、レースを楽しめるゲームを紹介したいと思います^^

今回紹介するゲーム

さて、今回はレーシングゲーム界の不朽の名作、「マリオカート」です。スーパーファミコン世代であれば、知らない人はまずいないでしょう。現在も数々のハードで、後継作品が発売されていますね^^

f:id:appli-get:20180506083836j:plain

スーパーマリオカート ©1992 NINTENDO

価格

発売当時、定価で購入したので、9,000円近くしたようです。3DS, WiiU等のバーチャルコンソールで発売されているようです。

あらすじ

あらすじは無いです^^;
ピーチ姫もさらわれていないし、マリオが誰かを助けにいくっていう展開もありません(笑)。

ゲームシステムなど

youtu.be

視点

車両の後方から見渡すタイプのレーシングゲームです。以前紹介した「F1レース(NINTENDO)」と似ています。少なからず、当作の開発がマリオカートに影響を与えた可能性は高いですね。

www.retroboydiary.com

モード選択

1Pプレイと2Pプレイがあります。それぞれ遊べるモードが異なり、下記のようになっています。

1Pプレイ

COMを含む、8台のカートで競争し、総合得点で勝負する「マリオカートGP」と、1人で好きなコースを走る「タイムアタック」の2つがあります。

2Pプレイ

1Pプレイと同じく「マリオカートGP」、1P, 2Pのみで勝負する「VSマッチレース」、アイテムを使用して、1P, 2P同士で戦う「バトルゲーム」の3つがあります。

キャラクター

下記の8キャラクターを選択できます。キャラクターによって、加速・最高速度・重さのしやすさが異なります。★の数は、私の独断と偏見です(笑)。
(細かく見ると、コーナーリングの性能等もあると思いますが、割愛します)

キャラクター名 加速 最高速度 マシン重量 その他
マリオ、ルイージ ★★★ ★★★ ★★ -
ピーチ、ヨッシー ★★★★ ★★ ★★ -
クッパ、ドンキーコング ★★★★ ★★★★ -
キノピオ、ノコノコ ★★ コーナー走行時、横滑り止めがかかる

※ ★が多いほど、性能が良い(重い)。
※ マシン重量が重いほど、他車に接触した際、当たり負けしにくい。

基本的な操作方法

レース中は、下記の操作を行います。

ボタン名 詳細
Bボタン アクセル。加速します。
Yボタン ブレーキ。減速します。
Aボタン

アイテムルーレットの確定。
拾ったアイテムを使用します。

L,Rボタン 車体ごと小さくジャンプします。

アイテムルーレット

レースをしている最中、コース上に「?」マークの模様がペイントされた箇所があります。このマークの上を走行すると、画面上部のルーレットが回り、アイテムを取得することができます。

アイテムは、レース中いつでも使用することができます。下記はアイテムの一例です。

アイテム名称 説明
キノコ

瞬間的に、最大速度のさらに上まで加速します。

スター

一定時間加速し、無敵状態になります。
無敵状態時に敵に衝突すると、衝突された側はスリップします。

赤ノコノコ 赤いノコノコが発射され、1つ前の順位のキャラクターを追尾します。
当たるとスリップします。
バナナの皮 道端に配置し、踏んだ車両をスリップさせます。

バトルゲーム

レースで使用するアイテムを駆使して、相手を攻撃し、相手の保持しているバルーンを破壊しあうゲームです。

自分・相手のキャラクターはゲームスタート時、3つのバルーンを保持している状態から開始します。ゲームは、GP等で使用するサーキットではなく、バトルゲーム用の範囲が限られたエリア内で行います。

制限時間はなく、いち早く相手のバルーンを全て破壊した方が勝利となります。

攻撃方法は、レースで使用するアイテムに限られ、故意に衝突したりしても、バルーンを破壊することはできません。

例えば、下記のような攻撃が当たると、バルーンが1つ減ります。

  • 赤ノコノコや、緑ノコノコを当てる
  • バナナの皮を踏ませる
  • スター使用時の衝突

プレイ時間

コースの長さによりけりですが、平均2分前後で1コース走破できるレベルです^^

良い点・楽しい点

ただ走るレーシングゲームではない

単なるレースではなく、アイテムを使用して、ライバルに嫌がらせ(笑)をしながら、順位を奪取していくところが、このゲームの醍醐味です。

また、コーナーリング時の「ドリフト」の上手さ・熟練度により、ライバルとのスピード差が歴然となるため、そこそこ練習が必要です^^

是非、お友達を交えて切磋琢磨しましょう。きっと相当盛り上がります!

ちなみに私の場合は、タイムアタック時に出てくる自分のゴースト(※)が現在のライバルです。
(そこのあなた。今私のこと「寂しい人だな」って思いましたね(笑))

※ 前回走行時の分身が、画面に表示される機能が付いています。ゴーストという名前なのかは不明。

バトルゲーム

限られたエリア内で、相手の出方を見つつ、攻撃するのが面白いです^^

時には「待ち伏せをしたり」、「相手の赤ノコノコを使わせるため、投げられる瞬間に羽を使って逃げたり」といった、戦略性もあり、通常のレーシングゲームには無い、アクションゲーム要素があります。

2Pプレイ専用のため、コンピュータとの戦いはできませんので、親しい友人が来たりした時に、遊んでみてはいかがでしょうか。

操作性

とにかくキーレスポンスが良く、プレイヤーの反応が瞬時に画面に伝わります^^

悪い点・残念な点

バトルゲームは2Pプレイ専用

悪い点では無いのですが、バトルゲームはおそらく、1人でプレイしても面白いため、コンピュータとの1Pプレイ用の仕様を入れて頂けると、嬉しかったです^^;

個人的な評価

ストーリーは無いため、「ストーリー性」は0としています。

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★★★ (かなりオススメします)

ちょっと変わったアイテムを駆使したレース、レーシングにアクション性を持たせた「バトルゲーム」など、現代の子供が遊んでも、楽しめる良作です^^

昨年辺りに盛り上がった「スーパーファミコンミニ」にも同梱されているため、プレイしたことがない方は、是非一度楽しんでみてください。

最後に

昔は、タイムアタックの「マリオサーキット1」で、1分の壁を切るために、学校から帰ったら幾度となくプレイしていたものです^^

あの頃のとてつもない情熱は、どこへ行ってしまったのか(´;Д;`)

スーパーマリオカート

スーパーマリオカート