あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【GB】超魔神英雄伝ワタル まぜっこモンスター ~ペットがなかなか要求してこない育成ゲーム~

こんにちは。最終皇帝です。
今日、約15年ぶりぐらいに「ペヤングソース焼きそば」を食べました^^ やっぱりあの風味は、他の焼きそばには出ないですね。

会社の昼休みに、よく食べている人がいますが、あれを職場で作ると、旨そうな臭いが部屋中に立ちこめるため、完全な「ペヤハラ(ペヤングハラスメント)」になります(笑)。

ご注意くださいm(_ _)m

今回紹介するゲーム

さて、今回は「超魔神英雄伝ワタル まぜっこモンスター」です。私が5, 6歳頃に放送されていたアニメの派生作品のようですね^^

パッケージの女の子は、本編のヒロイン「忍部 ヒミコ」ちゃんというらしいです。会話をする際、必ず語尾に「~のだ」が付くあたりが可愛らしいです^^

f:id:appli-get:20180513132554j:plain

超魔神英雄伝ワタル まぜっこモンスター ©サンライズ・RED・テレビ東京・ASATSU、©BANPRESTO 1997

価格

価格は108円で、BOOK OFFにて、購入しました。バーチャルコンソールでは、発売されていないようです。

あらすじ

ここは「ヒミコ農場」。その辺をうろついていた「最終皇帝」は、農場の主「ヒミコ」と出会う。

彼女はとても可愛い「もんペット(もんすたーペットの略らしい)」の珍しい仲間「キングトノプ」を探しているらしい。とりあえず、やることのない最終皇帝は、ヒミコのキングトノプ探しに付き合うため、「ふしぎダネ」という種をもらい、もんペットを育てるのであった。

(割と適当)

ゲームシステムなど

モンスターの育成ゲームです。純粋な育成ゲームであり、モンスター同士の戦闘等は無いです。

大まかな流れ

おおまかに説明すると、このゲームは「タネの取得」、「水やり」、「育成」、「合体」の4つの作業を行っていきます。

タネの取得

「もんペット」になる種を探しに行きます。具体的には、好きな地形(※)へ移動し、そこにビン(?)のボトルを配置し、「ふしぎタネ」が入り込むのを待ちます。
(ビンを置いておくと、タネが入り込むってどんな状況(笑)?風のいたずら?)

とりあえず、何度かタネが入っているか、様子を見に行くと、タネが入り込みますので、入った時点で、取得したことになります^^

※ 草原・川辺・池など。ボトルを配置する地形によって、手に入る「もんペット」の種類が変わります。

水やり

タネを手に入れると、水やりの作業が始まります。

画面上に「汗」のマークが出てきたタイミングで、「みず」コマンドを使用し、水をあげます。何度か水やりに成功すると、「もんペット」が誕生します^^

逆に、水やりのタイミングが悪く、何度も失敗すると、タネが腐ってしまい、「タネの取得」からやり直しになってしまいます^^;

ちなみに、水のやり過ぎでタネが腐ることはあっても、水を全くやらないで、タネが死んでしまうという仕様は無いようです。

育成

なんだかおかしな話ですが、モンスターのお家は「ボトルの中」です。育成する際は、下記のコマンドを使用することができます。

コマンド名 内容
あそぶ もんペットと遊びます。
はなす もんペットに話しかけます。
しつけ もんペットをしつけます。
えさ 飯をあげます。
みず 水をあげます。
ねかす 寝かしつけます。
おこす 起こします。
とくぎ 特技を見せてくれます。

なお、育成する「もんペット」には、「好みの地形」というものがあり、好みでない地形で育成を進めると、上手く成長させることができないようです。
(例えば、水辺が好きなモンスターであれば、川辺や池で育成してあげないといけない)

上手く育成すると、下記のことが起こります。

  • 特技をみせてくれる
  • 他のモンスターに進化する

逆に育成に失敗し、ペットの機嫌が悪くなると、急に脱走します^^;

合体

誕生したペット同士を「がったい」コマンドによって合体させ、全く違う「もんペット」を誕生させることができます。

合体の利点は、全く別の種類のもんペットを生み出すことができるところです。これまで登場していない種類のペットが誕生すると、そのペットに適応した地形が登場します。

以降、その地形へ移動して、育成をしたり、「ふしぎタネ」の採取をすることができます。

プレイ時間

すいません。1.5時間ぐらいプレイして、一旦やめました。いつかまたやります。たぶん。きっと。

良い点・楽しい点

愛くるしい(憎めない)ペットが多い

全体的に、カドが無く、丸みを帯びた可愛い系のペットが多いです。

私的には「ケロプー」というカエルもどきみたいなペットが好きです。寝ている最中に白目むいたり、ヨダレたらしたり、常時鼻水たらしたり、中々手のかかりそうなヤツですが、こういうペットの方が、愛着を持てます^^

悪い点・残念な点

手がかからないペット

育成ゲームというのは、モンスターが「エサや水を欲しがったり」、「眠い」といった仕草を楽しみつつ、コマンドを選択して、愛でてあげるところに面白さがあると思うのですが、このゲームは、その仕草をするまでの時間が異常に長いです^^;
(ゲームを付けっぱなしにして、だいぶ待つことになります)

つまり、飯をあまり食いたがらないし、水もそんなに欲しがらない。挙句の果てには、なかなか機嫌が悪くならないため、育て甲斐がありません(笑)。最終的に結構「」です。

個人的な評価

クリアしていないため、ボリュームは仮の値としています。

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★☆☆☆☆ (オススメします)

育成したペットを、他のペットと戦わせたりすることが無く、ひたすら育成をするだけのため、結構退屈です。また、悪い点にも書きましたが、ペット自体のプレイヤーへの要求がゆっくりなため、さらに退屈レベルを増幅させています。

ヒミコちゃんや、登場キャラクターは凄く可愛いのに、ちょっと残念です^^;

クソゲーの一歩手前ぐらいのレベルです。

最後に

たしか、このゲームって2も発売されていたような。。。次回作には期待したいところです^^

超魔神英雄伝ワタルまぜっこモンスター

超魔神英雄伝ワタルまぜっこモンスター