あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【GB】まじかる☆タルるートくん ~タルるート要素は薄いが、アクションとしては良ゲー~

こんにちは。最終皇帝です。
最近、はてなブログをやっている皆さんのページをサーフィンさせて頂いています^^

見ていると、みんな「文体」や「正確性」が全然違っていて、書いている側の視点で見ると、結構面白いです。

例えば、「である」調で強気な物言いで書かれている方、口語体で読み手の入り易さを前面に押し出した書き方、字体を習字の子筆のようにしたもの等、いろいろあります。

私も「自分らしさ」を出すために、少しアレンジしてみようかな^^

今回紹介するゲーム

さて、今回は「まじかる☆タルるートくん」です。おそらく20数年前辺りに、テレビ放送されていましたね。主人公「江戸城 本丸」の父親、「江戸城 将軍之介」を見て、「あ~、こんな大人にはなりたくないなぁ」とよく思ったものです(笑)

f:id:appli-get:20180513190555j:plain

まじかる☆タルるートくん ©江川達也、集英社・東映動画、©BANDAI 1991

価格

私が小学5年生の頃に、おばあちゃん家の近くにあった、中古ゲームショップにて、購入しました。おそらく2,000円ぐらいだったと思います。あ~懐かしい^^

あらすじ

ステージごとに、あらすじが用意されています
例えば、第1ステージは下記のようなストーリーです^^
=================================================================

古代に栄えたといわれる、幻の国家「じゃまたいこく」。その財宝の隠し場所を示す地図を、「将軍之介」の方を揉んだお駄賃として、もらえることになった本丸(本作の主人公)だったが、、、

=================================================================

ゲームシステムなど

ステージごとに異なりますが、横スクロールアクションと、強制横スクロールシューティングゲームが混ざっています。

キャラクター

プレイヤーが操作するのは、「江戸城 本丸(以降、本丸)」です。

操作方法

基本は「移動」・「ジャンプ」・「殴る」の3種類 + タルるートくんの命令だけです。

本丸の操作
ボタン 操作詳細
← →キー 指定の方向へ移動します。
↓キー その場でしゃがみます。
Aボタン

ジャンプします。押している時間によって、
ジャンプの高さが変わります。

Bボタン パンチします。
しゃがみながら、パンチをすることもできます。

タルるートくんが援護してくれるようになると、上記のコマンド以外に、特殊アイテムを使った攻撃等ができるようになります。

タルるートくんの操作

タルるートくんは直接操作することができず、大まかな命令を出し、後は勝手に動いてくれます。また、初期の状態では、タルるートくんはいません。ステージ途中でアイテムを取得したり、タコ焼きを一定数取得すると、本丸の後ろに出現します。

出現した後、セレクトボタンを押すと、下記の3つの命令をすることができます。

命令 命令詳細
タル、てをだすな! 後ろから付いて来るだけで、何もしません。
しにそうだよ!

敵の動きを止めたりして、本丸に攻撃が当たらないように
援護してくれる。

やっつけちまおうぜ! 敵を攻撃するための援護をしてくれる。

正直なところ、「しにそうだよ!」と「やっつけちまおうぜ!」の違いが、あんまりよく分かりません^^;

なお、タイミングがよく分かりませんが、「やっつけちまおうぜ!」にしている最中、本丸が大人化しました。タルるートくんのアイテムかな?

レベルアップ

タルるートくんが後ろから付いてくる状態で、セレクトボタンを押し、「とっくんだ!」を選択すると、本丸の特訓をすることができます。特訓をして、所定のミニゲームを全てクリアすると、本丸のレベルがアップします。レベルがアップすると、本丸のパンチの攻撃力が上がります

ミニゲームは、下記3種類が用意されています。

ゲーム概要 ゲーム説明
フラッグ取得 スキーで滑り降りる間に、16本以上のフラッグを取得すれば成功。
レベルが上がると、滑り降りるスピードが上がります。
炎との殴りあい

炎と殴りあいをして、早く相手のHPゲージを0した方が勝ちとなる。
勝つと成功。
レベルが上がると、敵の攻撃が強くなります。

PK戦 サッカーのPK戦です。5本中、ノルマ分ゴールすると成功。
レベルが上がると、キーパー(じゃばお)のセーブ力が上がり、
ノルマも上がります。

コンティニュー

プレイ中、残機が無くなり、ゲームオーバーになると、スタート画面に戻りますが、電源を切るまでは、ゲームオーバーになったステージの最初からやり直すことができます。
(電源を切ってしまうと、一番最初からやりなおしになります)

プレイ時間

大体3時間程度でクリアできました^^

良い点・楽しい点

横スクロールアクションゲームかと思ったら…

後のステージになると、急にアクションゲームから、強制横スクロールシューティングゲームに早変わりします(笑)。予想外の仕様にちょっと笑いました^^;

こういうジャンルがコラボしたゲームは、「ドラえもん 対決ひみつ道具!!」以来です^^

www.retroboydiary.com

BGM

このゲームは、とにかくBGMが良いです。タイトルも良いですが、最初のあらすじを伝える時に流れる曲が、ゲームボーイの音源を有効に利用した、ゆったり伸びやかな曲になっています。まさにあらすじを伝えるのに、ピッタリな曲です^^

悪い点・残念な点

ステージ数が少ない

強いて言うなら、ボリュームですね。ステージ数がちょっと少ないです。ただ、全体的にゲームの難易度が高く、何度もやりなおすコトになると思うので、結果的に、プレイ時間は長くなると思います^^;

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★☆☆ (普通です)

ボリューム感が不足しているものの、「助っ人キャラクターが後ろから、自動で援護する」システムや、アクションと思いきや、シューティングになったりと、良い意味で期待を裏切るゲームだったと思います^^

また、アニメの派生作品なのだから、もう少しキャラクターや、アニメ本編の要素を織り交ぜても良かったのかなと感じました。

評価は★3つですが、4つにするか、結構迷いました。

最後に

アニメ本編には、確か「にるる」っていう凄く可愛いキャラクターがいたような。いやぁ懐かしい^^

まじかるタルるートくん

まじかるタルるートくん