あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【GB】ウルトラマン超闘士激伝 ~アクション・格闘・シューティングの異種混合ゲーム~

こんにちは。最終皇帝です。
一昨日、家の近くにあるカレー屋さんに行きました。一杯1,400円ぐらいするという超高級店で、私には場違いな気がしましたが、たまには奮発して、楽しんできました。

結果を言うと、ちょっと1,400円は高いですね。食材とかが違うのは分かるんですけど。。。

これを食べて、ボンカレー等の100円前後で売られているレトルトカレーの偉大さ、企業努力の凄さに感心してしまいました。正直、私はボンカレーの方が好きです^^;

今回紹介するゲーム

さて、今回は「ウルトラマン超闘士激伝」です。ウルトラマンのゲーム紹介は、今回で2本目ですね。

f:id:appli-get:20180715094413j:plain

ウルトラマン超闘士激伝 ©円谷プロ、©ANGEL 1994

www.retroboydiary.com

価格

BOOK OFFにて、1,500円で購入しました。バーチャルコンソールでは、発売されていないようです。中古価格にしては、なかなか高額ですね^^;

あらすじ

ゼットンとの戦いに敗れたウルトラマン。彼は「銀河最強武闘会」にて無念を果たすべく、辺境の星で修行に明け暮れていた。

修行が終わったウルトラマンは無事、武闘会へ出場することができたが、その裏で、謎の覆面格闘者が暗躍し、何やら怪しい動きを見せていた。

ウルトラマンは無事、ゼットンへの雪辱を果たすことができるのであろうか。
(そこそこ適当(笑)。)

ゲームシステムなど

アクション・格闘・横スクロールのシューティングがステージ毎に織り交ぜられている、珍しいゲームです。格闘は無かったですが、以前紹介した「ドラえもん 対決ひみつ道具!!」のゲームシステムに少々似ています。 

www.retroboydiary.com

プレイイメージ

ゲームプレイ時のイメージは下図のような感じです。「格闘」は「アクション」の延長みたいなものですね。

アクション・格闘

通常は地上戦ですが、スーパーマリオブラザーズのように、水中のステージも存在します。格闘は、怪獣との1vs1になるだけで、見た目はアクションとさほど変わりません。

f:id:appli-get:20180715144602j:plain

横スクロールアクションプレイ中のイメージ(右側のバルタンの足の角度がウケる)
横スクロールシューティング

横スクロールシューティング時は、ウルトラマンが「ジュワッチ」している状態で右側に進んで行きます。

f:id:appli-get:20180715144535j:plain

横スクロールシューティングプレイ中のイメージ(ウルトラマンの前の衝撃波みたいなヤツはスペシウム光線)

遊び方

以前紹介した「ウルトラマン」程、複雑な操作は必要なくなっています。
(それでも、操作のバリエーションは多めですが^^;)

アクション時
キー操作 詳細
Aボタン ジャンプ
Bボタン(押してすぐ離す) パンチ
Bボタン(SPゲージのマークがグーパンチの時離す) ラッシュ(正式名不明)
Bボタン(SPゲージのマークが手裏剣(?)の時離す) 右斜め上と右に手裏剣みたいなものを飛ばす
Bボタン(SPゲージがMAXになってから離す) スペシウム光線
(地上の敵に)近づいた状態でBボタン
その後、方向キーを押しながら、Bボタン
敵を投げる
下キーを押しながらBボタン しゃがみ蹴り
ジャンプ中にBボタン ジャンプしながらパンチ
シューティング時
キー操作 詳細
Aボタン - (使わない)
Bボタン(押してすぐ離す) ショット
Bボタン(SPゲージがMAXになってから離す スペシウム光線
上下左右キー 移動

プレイ時間

HARDモードを、大体40~50分程度でクリアしました。

良い点・楽しい点

複数のジャンルを楽しめる

格闘アクションを楽しんだかと思えば、ほとんど同じ操作方法で、横スクロールのシューティングゲームを楽しめるのが、良かったです。なんだかお得な感じがしました^^

単純すぎず、複雑すぎず

以前紹介した「ウルトラマン」はジャンプにSTARTボタンを使うほど、複雑な操作が必要でしたが、本作はだいぶシンプルになりました^^

特に攻撃方法の種類がちょうど良く、「上段・下段・ジャンプの通常攻撃」、「溜め打ちによる3段階の特殊攻撃」、「投げ技」等、プレイヤーを飽きさせない程度のバリエーションが保たれています

悪い点・残念な点

ボリューム不足

複数ジャンルの融合で、楽しさが倍になっているものの、プレイ時間を見て分かる通り、ボリュームが少ないです少々残念。

その他

ウルトラマンエースの性格

ゲームを進めていくと、キャラクター同士の会話が展開されるのですが、その口調から、他のウルトラの戦士達の性格が垣間見えます。特にウルトラマンエースのジャイアンぶりは、ウルトラマンをあまり知らない私に、大きな衝撃を与えました(笑)

ウルトラマンにも、こんなに口が悪い子がいたのね^^;

人物名 性格 会話の具体例
ウルトラマン、セブン

礼儀正しい大人。若干悟りを開き始めている。
セリフを聴いていると、ちょっと歯が浮く(笑)。

「真のファイターは、闘いの中のみに、その感情を爆発させるもの・・・」

「・・・タロウを離せ、さもないと、ただでは
すまさんぞ」

タロウ

優しく、礼儀正しい好青年。
たまに弱気な面を見せる

「だめだ、僕達とはレベルが違い過ぎる」

「・・・ごめんよジャック!!僕のせいで・・・」

エース

気性が荒く、キレやすい。
とにかく口が悪い。仲間想いだったりする。

ニンジャタートルズの「ラファエロ」的な存在

てめえ、ウルトラマンを見損なうなってんだ!!!

バカにしやがって、ブン殴ってやる!!!

割とグロいストーリー性

本編を進めていくと、仲間達が闇討ちにあったりするのですが、会話の内容や、描写が割とグロいです^^;

難易度

最初にイージーをプレイしてから、ハードをプレイしたのですが、難易度があまり変わりませんでした(多少、敵の反応が良くなった程度)。

もう少し、歯ごたえのある強さにしても良かったのかなぁと感じました^^;

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★☆☆ (普通です)

複数のジャンルを一つのゲームソフトで遊べるのが魅力です^^
操作感も悪くなく、どのジャンルもシンプルな操作で楽しめる一品になっています。

ただ、全体的にボリューム感が無く、割と簡単に全面クリアできてしまうところが悔やまれます。さらに、キャラゲーということで、中古価格が高く、コスパがあまり良くありません。ウルトラマン好きな方が購入するのが無難と言えます。

最後に

そういえば、会話の最中に出る挿絵では、ウルトラマンの口がめっさ大きく開いてますけど、特撮のウルトラマンって口開いたことありましたっけ?

ウルトラマン超闘士激伝

ウルトラマン超闘士激伝