あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【GBC】ぐるぐるガラクターズ ~ガラクタを従えて世界を救うRPG~

こんにちは。最終皇帝です。
皆さんの部屋はキレイですか? 私は、なかなか捨てられない症候群のため、結構汚いです(笑)。

今回は、私の部屋に散乱したガラクタも、「もしかしたら役に立ってくれるかもしれない」と思わせてくれるゲームを紹介したいと思います。いや、とりあえず掃除しろ(笑)。

今回紹介するゲーム

さて、今回は「ぐるぐるガラクターズ」です。

f:id:appli-get:20180721105200j:plain

ぐるぐるガラクターズ ©ATLUS / タツノコプロ 1999

価格

某有名レトロゲームショップにて、180円で購入しました。バーチャルコンソールでは、発売されていないようです。

あらすじ

ここは「みどりがおか一丁目」。

今日、この町に最終皇帝(仮)の家族が引っ越してきました。見知らぬ土地へ来て、ウキウキワクワクの一家。少し遅れて、引越しやさんのトラックが到着。家に招きいれ、ドライバーさんとお話をしていると、そこに泥棒が現れ、トラックごと持って行かれてしまった

困り果て、家の中で妹の「ミミ」とお話をしていると、今度は彼女のおもちゃ箱を盗みに来た怪しい影。彼の名は「ピコピコ」。おもちゃ箱を取り返すため、彼を追う最終皇帝でありましたが、庭の小屋に見知らぬ乗り物「トランパ」があることに気づきました。乗り物に見とれていると、後ろからピコピコに押され、乗り物に乗り込んでしまい、見知らぬ世界「ブリングワールド」へとワープしてしまいました

ブリングワールドへ辿り付いた最終皇帝は、おもちゃ箱を返してもらうため、ピコピコ達と討論していましたが、何故か話が広がり、この世界を救う勇者として祭り上げられてしまう

果たして、最終皇帝は、ブリングワールドを救い、無事盗まれた家財道具を取り返すことができるのであろうか。
(真面目なようで、適当に書いています^^;)

ゲームシステムなど

仲間にしたガラクタを従えて、ブリングワールドという世界の悪者を倒しに行くRPGです。

ガラクタの説明

困惑するかもしれないので、あらかじめガラクタについて説明します。

このゲーム内の人間界では、ガラクタはただのガラクタです。そして、冒険の舞台となるブリングワールドに、人間界のガラクタを持ちこむと、使える武器・防具・アイテム・仲間に変化します。

この前提を覚えておいてください^^

フィールド移動

フィールドの移動は、下図のような感じです。FFやドラクエといった、よくあるRPGと似ていますね^^

f:id:appli-get:20180721120643j:plain

フィールド移動のイメージ(主人公の服のコーディネートがヤバイ)

ガラクタ集め

このゲームの醍醐味、ガラクタを集めます。ガラクタには、下記の2種類があります。

  • 主人公の武器・防具・アイテムになるガラクタ
  • 仲間になり、一緒に戦ってくれるガラクタ
主人公の武器・防具・アイテムになるガラクタ

人間界のショップでお金を払って購入したり、ダンジョン等の宝箱から取得することができます。
町中のゴミ箱や、ショップ等、あらゆる場所でガラクタを手に入れましょう^^

仲間になり、一緒に戦ってくれるガラクタ

こちらも武器・防具と同じで、ショップ等でガラクタを購入し、ブリングワールドへ持ちこむことで、仲間になってくれます。

また、仲間を増やすもう一つの方法として、戦闘時の「はなす」というコマンドがあります。このコマンドを使用すると、戦闘中に敵ガラクタとの選択式の会話が始まります。会話が上手くいくと、そのガラクタが仲間になってくれます。

f:id:appli-get:20180721120545j:plain

戦闘中の緊張感の無い会話

この会話の内容がグダグダで、見ているだけで力が抜けます(笑)。

パーティー

人間界から、ブリングワールドへ向かう際、お供として連れて行くガラクタを最大8体まで、選択することができます。
(人間界のガラクタをブリングワールドに持って行き、仲間として戦ってもらいます)

戦闘

ターン制の戦闘システムです。イメージは下図のような感じです。

f:id:appli-get:20180721120633j:plain

戦闘時のコマンド選択画面

レベルが上がると進化(ランクアップ)する

戦闘での経験値により、レベルが一定値まで上がると、ガラクタが進化(ランクアップ)します^^

なんだかこういうシステムを、どこかで見たことがあるような。

プレイ時間

28時間でクリアできました。

もう少し良いガラクタを選んでいれば、もっと早くクリアできたかもしれないです^^;

良い点・楽しい点

仲間が増えていくシステム

ショップで購入したり、戦闘中の会話で敵の同情を買い、仲間が増やしていくのが楽しいです^^ 「モンスターボールを使わない、ポケットモンスター」みたいなイメージですね。

www.retroboydiary.com

「はなす」コマンドが笑える

敵と話す際の会話の内容が、相当笑えます。

説教されたり、「怖がらないで」とか言われたり、「遊んでほしいのか?」とか言われたり、敵と戦っていることを忘れます(笑)。

目的地がどこか、地図上で教えてくれる

イベントが発生し、目的地へ行くコトになる場合、大抵、その場所を、地図を使って教えてくれます。

割とマップ上全体を動き回るので、このシステムがあって助かりました。
(逆に、無かったら多分、クリアできなかった^^;)

オート戦闘

レベル上げ作業が面倒な際は、戦闘時の「オート」機能が役立ちます。コレを選択すると、1ターン分の戦闘を自動でやってくれます。この機能が無かったら、操作性の評価が下がっていたかもしれません^^;

なお、戦闘時の「エフェクトをOFF」にしておくと、レベル上げ作業の効率化がさらにUPします。

タツノコプロっぽい画

モンスターの画のタッチと、名称がドコとなく良い意味で外れています。タツノコプロさん独特の「外し感」というのでしょうか。

ワカメの姿をした「ワッカメン」とか、野球ボールみたいなヤツがバットを持ったような姿をした「カキンパ」等、ヤッターマンや、タイムボカンを作った同社ならではの雰囲気が存分に出ています^^

悪い点・残念な点

どのガラクタがどの味方か分からなくなる

人間界から、ブリングワールドに仲間(ガラクタ)を連れて行く際、
ブリングワールドでの名前ではなく、ガラクタ自体の名称を選択するため、連れて行きたい仲間を判別する時、迷います

下図は、連れて行く仲間を選ぶときの画面です。

仲間の名前が出ていると分かりやすかったんですが。。。
(例えば「ホームランボール」は、ブリングワールドでは「カキンパ」という仲間になります)

f:id:appli-get:20180718225959j:plain

どれが前回の連れていった仲間か分からなくなる^^;

迷いやすい

ストーリーを進める際、人間界の町と、ブリングワールドとを行き来することが多いです。そのため、重要人物からの情報を聞き漏らすと、どこに行けば良いか分からず、長時間迷うことになります^^;

プレイする際は、イベント時のキャラクターの言葉をしっかり覚えておきましょう

その他

主人公の顔色が悪い

ステータス画面に表示される主人公の顔色がすこぶる悪いです(笑)。青髪に肌が真っ白で、血の気がありません。

ガラクタって結局なんだ

一応、ガラクタが主役なんですが、「これもガラクタか?」と目を疑うガラクタが現れます。例えば、

  • 揚げたてコロッケ
  • ひきにく
  • うすめたジュース
  • ばあちゃんの入れ歯

修理屋で、「揚げたてコロッケの修理をお願いする」という状況がジワジワくる(笑)。

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★☆☆ (普通です)

タツノコプロさんが絡んでいることもあり、良い意味でダラけたRPGになっています。

また、ガラクタを収集して武器・防具を作ったり、仲間を増やしたりするシステムは、おそらくこのゲーム以外に無いでしょう。ポケモンや、ドラゴンクエストモンスターズのような、仲間を増やしていくゲームが好きな方にはオススメです。

評価は「★3つ」になっていますが、限りなく4つに近いです^^

最後に

いやー、ちょっと長かったけど、久しぶりに異質で、楽しいRPGをプレイしました^^

ぐるぐるガラクターズ

ぐるぐるガラクターズ