あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【GB】ザ・心理ゲーム2 大阪編 ~心理テストの結果、大阪弁のキャラクターに指摘される~

こんにちは。最終皇帝です。
皆さんは『心理テスト』というものをやられたことはありますか。私はたまにテレビの企画でやっているものを、一緒になってチェックすることはあります。こういうのって、多少違っていても、当たっている気になっちゃうんですよね^^

というわけで、今回は『心理テスト』をお題にしたゲームを紹介します^^

今回紹介するゲーム

さて、今回は「ザ・心理ゲーム2 大阪編」です。パッケージから漂う、嫌な予感がなんとも言えません(笑)。ちなみに、1からプレイしようと思ったのですが、見当たりませんでした。悪しからずm(_ _)m

f:id:appli-get:20180904224928j:plain

ザ・心理ゲーム2 大阪編 ©ヴィジット

価格

BOOK OFFにて、108円で購入しました。バーチャルコンソールでは、発売されていないようです。

あらすじ

十中八九、あらすじはありません^^;

ゲームシステムなど

プレイヤーの心理を引き出す、心理テストゲームとでも言うべきでしょうか。

心理ゲームメニュー

下記の5つのメニューから、1つを選択し、プレイを開始します。ちなみに、3~5は心理テストに全く関係ありません。

  1. 心のカウンセリング
  2. あなたならどうする
  3. 大阪度チェック
  4. パネルゲーム
  5. スロットだよん
心のカウンセリング

複数の〇×のお題に答え、最終的にプレイヤーの性格を言い当てます。ちなみに、メニューが下記の3つに分かれています。

タイトル 詳細
大阪食い道楽編 プレイヤーの性格を食べ物に例えて、言い当ててくれます。
ちなみに、筆者は『オムライス』らしいです^^;
大阪デート編

異性に対する性格等を、言い当ててくれます。
ちなみに、筆者は『耐えまくる浪花節が好き』らしいです。
何言ってるのか、ちょっとよく分かりませんでした^^;

大阪買い物編 お金に関する性格等を、言い当ててくれます。
ちなみに、筆者は『極めて平凡』だそうで、
「帰った方がいいかも」とまで言われました(笑)。

f:id:appli-get:20180903225222j:plain

大阪食い道楽編の出題イメージ

f:id:appli-get:20180903225232j:plain

大阪食い道楽編の心理テスト結果イメージ

ちなみに、タイトルには『大阪』という単語が入っていますが、出題内容には、大阪っぽい要素があまりありません(笑)。

さらに、心理テスト結果の文体は、『大阪弁』になっているだけで、大阪名物の何かに例えられるわけでもないです^^;

あなたならどうする

様々なシチュエーションの中において、出題されたお題に対して、あなたならどうするかを選択肢の中から選んでいき、プレイヤーの心理を言い当てます。ちなみに、メニューが下記の3つに分かれています。

  • こてこてコース
  • まったりコース
  • まいどぉコース

ホントは、それぞれのコースの内容詳細を書くつもりだったのですが、何が「まいどぉ」で、どの辺りが「こてこて」なのか、全く理解できず、断念しました(笑)。

大阪度チェック

大阪に関する問題が2択で出題されます。『大阪度チェック』というよりは、『大阪理解度チェック』の方が正しい気がします(笑)。ジャンルが下記8つに分かれています。

  • 交通
  • 地理
  • タレント
  • イベント
  • 歴史
  • 食べ物
  • シンボル
  • その他
パネルゲーム

『パネルゲーム』というカッコイイ名前が付いていますが、普通の神経衰弱です。
パネル数は16枚で、3回までは失敗することができます。

スロットだよん

ただひたすら、スロットマシンをプレイします。当たったからといって、何も起こりません(笑)。

プレイ時間

どのメニューも2,3分あれば、終わります。

良い点・楽しい点

心理テストの結果の文体

心理テスト等の結果に「思います」とか「可能性が高い」といったフワッとした表現を使わず、「~やからアンタはあかん!」や「アンタは~やな!」のように、『言い切りの文体』にしているところが面白いです^^

実際に当たっていようが、間違っていようが、思いっきり断定されると、説得力があるものですね(笑)。

悪い点・残念な点

心理テストの内容に大阪要素がほとんど無い

ほんの少しは、大阪ローカルネタを元にした心理テストも出題されるのですが、全体から見ると微々たるものです。ゲームタイトルに『大阪編』と付いているのですから、どうせなら、もっとローカルネタを増やして欲しかったです^^;

その他

このゲームの趣旨

最終的に気づきましたが、このゲームは「自分が大阪人の心理をどれだけ持っているかをテストするゲーム」ではなく、「心理テストを行い、その結果、大阪人っぽいキャラクターに指摘されるゲーム」であるということが分かりました^^;
(あくまで、個人の感想です(笑))

個人的な評価

ストーリーが無いため、「ストーリー性」を0としています。

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★☆☆ (普通です)

こういうゲームは、一人で遊ぶよりも、大勢で集まって「アレは違う!」、「これはお前だ!」みたいな言い合いをしながらプレイする方が盛り上がります^^

ただ、内容が内容なだけに、長く遊べない欠点があります。

コストがあまりかからないので、ドライブトークが盛り上がらない時の一撃必殺の秘密兵器として、忍ばせておいてはいかがでしょうか(笑)。

最後に

個人的には、割と面白かったので、1もプレイしてみたいです^^

ザ・心理ゲーム2 大阪編

ザ・心理ゲーム2 大阪編