あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【GB】GB原人ランド ビバ!ちっくん王国 ~7つのミニゲームを制覇せよ~

こんにちは。最終皇帝です。
私はブログを書く際、地べたに座ってアグラをかいているのですが、姿勢が良くなかったのか、左ももの付け根が痛くなり始めてしまいました^^;

というわけで、机と椅子を買いました。これで作業効率が上がってくれると良いのですが。。。

今回紹介するゲーム

さて、今回は「GB原人ランド ビバ!ちっくん王国」です。以前紹介した「GB原人」の次に発売された作品のようです^^

f:id:appli-get:20181015231127j:plain

GB原人ランド ビバ!ちっくん王国 ©1994 HUDSON SOFT、1989・1994 RED

www.retroboydiary.com

価格

某有名レトロゲームショップにて、380円で購入しました。バーチャルコンソールでは、発売されていないようです。

あらすじ

ある日、いつものようにGB原人は、砂浜でお昼寝をしていました。ところが、満潮の時刻だったのか、眠っている間に波にさらわれてしまいました。そんな状況でも、GB原人は寝ています。

そんな時「アケー!!」という謎の音がしました。

気づくと、目の前に大きく、ややケバい島が浮いていました。その名も『ちっくんおうこく』。キングタマゴドンIII世が、彼の子供達のために作った遊園地らしいですが、何やら良からぬ気配が。GB原人は無事、遊園地を破壊することができるのでしょうか。
(ゲームをプレイした流れで書いていますので、少々間違っているかもしれません^^;)

ゲームシステムなど

7種類のミニゲームを遊んでいきます。

チケットの購入

ミニゲームを遊ぶためには、『にこちっぷ』と呼ばれるチップのようなものが必要で、このチップを使うことで、次のゲームのチケットを購入することができます。

『にこちっぷ』は、主にミニゲームをプレイすることでもらうことができます。

ミニゲームの種類

ミニゲームは下記の7種類があり、『音楽のレッスン』以外は、遊ぶためにチケットが必要であり、難易度が4段階に分かれています。

ミニゲーム名 詳細
ちっくんたたき

一言で言うと、『モグラたたき』のモグラが『ちっくん』になった
ゲームです。実際には叩くのではなく、原人の頭突きで攻撃します(笑)。

制限時間内に、規定数以上のちっくんを叩けば、クリアとなります。

ジャンプやダイビングヘッドの素早い操作が必要ですが、
慣れれば、そこまで難しくはありません。難易度は中程度です。

ほねほねくずし

一言で言うと、『ブロックくずし』のブロックがホネになったような
ゲームです。画面上で跳ね返る弾を、GB原人の頭突きで跳ね返し、
配置されているホネを全て消すことができれば、クリアとなります。

地道なプレイが必要となりますが、他のミニゲームに比べれば、
難易度は低めです。

ちっくんまんしょん

並び立つマンションの壁を三角跳びしたり、かじりついて登ることで、
頂上のゴールを目指します。制限時間内に頂上のゴールにたどり着ければ、
クリアとなります。

三角跳びのボタン押下のタイミングや、かじりついて登る際のボタン連打等、
素早く、細やかなボタン操作が必要になるため、難易度は高めです。

私は、このゲームが一番苦労しました^^;

みすってりーぞーん

横スクロールのアクションで、迫り来るお化け(?)を撃破・回避しながら、
制限時間内のゴールを目指します。

前作「GB原人」をプレイした方であれば、ほぼ操作は同じため、
違和感無くプレイできます。

6つのミニゲーム中では、難易度は中程度です。

ちょっとこーすたー

GB原人がコースターから落ちないよう、トラップを避けながら、
ゴールを目指すゲームです。

スーパーマリオの「レールに沿って動く床があるステージ」を思い出して
頂ければ分かり易いと思います。難易度は結構高めです。

おいっ!しんぼー

画面上部から落ちてくる食料を、頭突き等で跳ね返し、口を開けて
待っている恐竜に食べさせるゲームです。

制限時間内に、規定数以上の食料を食べさせられれば、クリアとなります。

おそらく6つのミニゲームのうち、一番難易度が低いです。
(ゲーム名からして、おそらく『美味しんぼ』をもじったのだろう(笑))

音楽のレッスン ドレミファソラシドの鍵盤の上をジャンプしながら、音楽を奏でていく
ゲームです。成功すると、にこちっぷをもらえます。

f:id:appli-get:20181015230317j:plain

ちょっとこーすたーのプレイイメージ

f:id:appli-get:20181015230330j:plain

おいっ!しんぼーのプレイイメージ

プレイ時間

大体4~5時間程度で、スタッフロールを見ることができました。

良い点・楽しい点

ボリューム感

ミニゲームは『音楽のレッスン』を除いて、6種類しかありませんが、難易度が4段階に分かれているため、ボリューム感はあります。また、各難易度毎にステージの構成も少しずつ変化するため、プレイしていて、そこまで飽きが来ません^^

同じ操作方法で複数のゲームを遊べる

ミニゲームが詰め込まれたゲームは大抵、それぞれのゲーム毎に操作が異なり、分かりにくいことが多いです。本作は、どのミニゲームも、GB原人の操作方法を変えることなく、異なるジャンルのゲームを楽しむことができる点が良かったです^^

以前紹介した「ウルトラマン超闘士激伝」も同様の点を、良かった点として挙げていました^^

www.retroboydiary.com

悪い点・残念な点

セーブ機能がない

全部で25通り(※)のゲームがある中で、セーブ機能がないのは、少々致命的です^^;
以前紹介した『コスモタンク』もそうでしたが、4~5時間電源を切らず、ほぼぶっ通しでプレイするのは、なかなかしんどかったです。。。

なお、遊園地の出入り口で「帰りますか?」と問われ、「うん」を選択すると、タイトル画面に戻り、問答無用で一番最初からプレイしなおすハメになるため、お気を付けください。被害者より(笑)。

※ 6種類のミニゲーム × 4 + 音楽のレッスン

www.retroboydiary.com

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★☆☆☆ (あまりオススメしません)

ミニゲーム主体の割にボリューム感がありますし、共通した操作方法で、ほぼ全てのゲーム遊べるため、一度操作方法を覚えてしまえば、長く楽しむことができます。

ただ、セーブ機能が無い点が「すき間時間を有意義に楽しむ」携帯ゲーム機の利点を、大きく損ねてしまっているように感じました。

レトロフリーク等を利用すれば、クイックセーブ機能が使えますが、ミニゲーム主体のソフトのため、大きなディスプレイの前で、どっしり構えてプレイするのもちょっと違う気がしました。セーブ機能の重要性を再認識させられましたね^^;

最後に

私の場合、ブロックくずしが苦手なため、『ほねほねくずし』は結構イライラしました。逆に『ちっくんたたき』や『おい!しんぼー』は、得意分野のため、集中して楽しむことができました^^

GB原人ランド ビバ!チックン王国

GB原人ランド ビバ!チックン王国