あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【FC】アフターバーナー ~緊迫感・爽快感あふれる奥スクロールSTG~

【スポンサーリンク】

こんにちは。最終皇帝です。
みなさんは戦闘機について詳しいですか?私は全く分かりません(笑)。
昔、『エースコンバット』というゲームで、戦闘機に約80発のミサイルが搭載されているのを見て、

「ほぉ、戦闘機ってこんなに沢山のミサイルを詰めるんだ。」

と素直に感心したことがある程です。後で「そんなに積めるはずないだろ。」と友人に馬鹿にされたのは言うまでもありませんが。

さて、今回はそんな戦闘機に対する知識が皆無の私でも、結構楽しめるゲームを紹介したいと思います。

今回紹介するゲーム

今回は『アフターバーナー』です。最近ファミコン記事が多くなってきましたね^^

f:id:appli-get:20190114183225j:plain

アフターバーナー Ⓒ1989 SUNSOFT、Ⓒ1987 SEGA

価格

BOOK OFFにて、500円で購入しました。バーチャルコンソールでは、発売されていないようです。

あらすじ

箱・説明書なしのソフトを購入したため、あらすじはあるのか不明です。
エンディング等を見た限りでは、「領空に敵が侵入したため、空母からある青年の乗った戦闘機が発進した。」というようなストーリーに見えます。

ゲームシステムなど

後方部から、戦闘機を中心に前方を見渡すタイプの奥スクロールシューティングゲームです。サイドワインダーや、エースコンバットの視点に似ていますね。

f:id:appli-get:20190114183431j:plain

プレイ中のイメージ(通常ステージ)

操作方法

基本操作
キー操作 詳細
 ←→キー 左右の方向に機体を旋回させる。
 ↑↓キー 機首の上下をコントロールする。
 Aボタン 機関銃を発射。
(弾数制限なし)
 Bボタン ミサイルを発射。
(弾数制限あり)
 STARTボタン アフターバーナーを点火し、一定時間加速する。
バレルロール

『←キーを押し続けている最中に、素早く→キーを押し続ける(逆もOK)』の操作をすると、機体を進行方向を軸に1回転させる(バレルロールをする)ことができます。後方から追ってくる敵のミサイルを回避する時に効果を発揮します。 

※ 一応『バレルロール』と書いていますが、いかんせん戦闘機用語にあまり慣れていないため、間違っていたらコメントをお願いします。

ステージ

ステージごとに出現する一定量の敵機と交戦し、攻撃から逃れることができれば(残機数が0になるまで撃墜されなければ)、次のステージに進む構成となっています。
(敵を倒さなければ、大量のミサイルにさらされることにはなりますが、必ずしも、全ての敵を倒す必要は無いです(規定の地点まで生き残っていればOKです))

また、敵機との交戦以外に、高速飛行で障害物を避けるステージが用意されています。

f:id:appli-get:20190114183457j:plain

障害物を回避するステージのイメージ

プレイ時間

4,5時間ほどプレイしましたが、まだ最高で12ステージ目までしか到達できていません。

良い点・楽しい点

緊迫感

ミサイルの発射音が響いたり、徐々に近づいてくる敵の追尾性ミサイルを間一髪で避けたりと、緊迫感のあるシューティングを楽しむことができます。

爽快感

ロックオンした敵に対して、ミサイルをガンガン発射し、バッタバッタと打ち落としていく爽快感はなかなかのものです。

BGM・サウンドエフェクト

タイトル・各ステージ全てにおいて、BGMが素晴らしいです。すがすがしいスピード感のあるもの、敵との交戦を表すような、ノイズ強めの重厚感のあるものが多いです。

また、実際の音が使われているわけではないものの、ミサイルの着弾音や、機関銃の発射音などのサウンドエフェクトがリアルなところが、緊迫感のある戦闘をさらに盛り上げています。

悪い点・残念な点

旋回時の描画

旋回をする際、左右のキーを押下すると瞬時に画面が斜めに倒れる(視点移動する)ため、若干カクカクします。おそらく、慣れないとちょっと酔う or 気持ち悪くなります。あと2,3コマ分のフレームが間に入ると、スムーズな視点切り替えになったのではないかと感じました(※)。

※ これはあくまでユーザーとしての意見です。ファミコンのスペックなどを考えると、これ以上コマを増やすのは難しかったのではないかと思います。

f:id:appli-get:20190114183811j:plain

視点移動がやや急になっているイメージ

残機0になると最初からやり直し

ステージ数が多い割に、途中で残機数が0になると容赦なく最初からやり直しになります。個人的には、2,3回のコンティニューはできるようにしてほしかったです。

その他

アフターバーナーの多用は危険?

アフターバーナーを使用すると、敵への接近スピードが上がったり、ミサイル発射の判断が遅れたりで、使うこと自体が危ない気がしています。そのため私の場合、ゲーム中はほとんど使用していません。

皆さんはどういうタイミングでアフターバーナーを使っていますか?

個人的な評価

全クリしていないため、『ボリューム』は仮の値を入れています。『ストーリー性』はあるのか微妙なところのため、一旦0としています。

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★★☆ (オススメします)

緊迫感・臨場感・爽快感が兼ね備えられた良ゲーです。視点移動に若干のクセがあるため、おそらくプレイヤーによって賛否が出ますが、エースコンバットや、サイドワインダーをプレイしたことがある方であれば、結構楽しめると思います。

個人的にはサウンドが全般的に最高でした。

最後に

本作や『アトランチスの謎』で有名なサンソフトさんの作るゲームは、BGMが凄く良いですね。他にも見つけたら買ってみたいと思います^^

アフターバーナー

アフターバーナー