あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【SFC】まじかる☆タルるートくん MAGIC ADVENTURE ~残機数がいくらあっても足りない超難キャラゲー~

【スポンサーリンク】

こんにちは。最終皇帝です。
寒いです。ホント寒いです。こんな時は焚き火に手を近づけて、

これが世のメラじゃ

と言いたいところですが、もう外に出たくないので止めておきます。

今日のところは、天井横から暖かい空気を出す魔法と、電熱線というものの周りに布団という布をかけて足元を暖かくする魔法を使って、だらだらする所存です。

さてさて、そんなこんなで今日は魔法にかかわるゲームをご紹介します^^

今回紹介するゲーム

今回は『まじかる☆タルるートくん MAGIC ADVENTURE』です。あまり保存状態が良くなかったですが、とりあえず動きました。

f:id:appli-get:20190212233226j:plain

まじかる☆タルるートくん MAGIC ADVENTURE Ⓒ江川達也/集英社・東映動画、ⒸBANDAI 1992

価格

小さな頃、新品で購入してもらったはずなので、8,000円ぐらいはしたのではないかと思います。バーチャルコンソールでは、発売されていないようです。

この作品はまだ中古ゲームショップで見たことがありません。

あらすじ

ある日、何やら『本丸』が嬉しそうな顔をしていた。気になったタルるートくんが理由を聞くと、ガールフレンドの『いよなちゃん』とデートに行くとのこと。

ところがそんな最中、いよなちゃんがタルるートくんのライバル『ライバー』にさらわれてしまった。

本丸、タルるートくん、ミモラちゃんは囚われた『いよなちゃん』を救出すべく、冒険の旅に出るのであった。

(割と適当です)

ゲームシステムなど

横スクロールのアクションゲームです。以前紹介したゲームボーイの2作品をさらにブラッシュアップしたような作品になっています。

f:id:appli-get:20190215130944j:plain

ステージ攻略中のイメージ

www.retroboydiary.com

www.retroboydiary.com

操作方法

移動・ジャンプが基本ですが、特徴としてベロ(舌)での攻撃可能です。

キー操作 詳細
←→キー 左右の移動。
Bボタン ジャンプします。
押す長さによって、ジャンプの高さが変わります。
Yボタン

ベロを出して攻撃します。
十字キーを押しながら、押すとその方向にベロを出します。

STARTボタン
SELECTボタン

魔法アイテムの選択をすることができます。

魔法アイテム

ステージを有利に進めるための『魔法アイテム』が用意されています。

魔法アイテムの入手

魔法アイテムは、基本的にステージ終了後のミモラちゃんとのアイテム交換画面で手に入れることができます。アイテムの交換には、ステージ上などに落ちているたこ焼きが必要です。

なお、交換できない貴重なアイテムも存在します。

アイテムの種類

下表はアイテムの詳細です。

アイテム名 詳細 取得箇所
イキフキカエル 一回敵に当たっても、死ななくなります。 交換など
1UP タルるートくんの残機数を+1します。 交換など
ソードペン まじっくん 敵を一定時間止めることができます。 交換など
すいすい にんぎょくん タルるートくんの足がヒレに変わり、
水中をスイスイ泳ぐことができるようになります。
交換など
きくんだぁ 大声を出して、敵を攻撃することができます。 交換など
いだてんそくん 速く走れるようになります。 交換など
マント ボタンを連打することで、飛行できるようになります。 スロットなど
にるる キャラクター『にるる』がタルるートくんの分身になり、
ステージ上の敵を自動的に攻撃してくれます。
スロットなど
テレポテト 使用すると、即ステージクリアとなります。 フィールドの
宝箱のみ
ステージ上に落ちているアイテム

魔法アイテム以外に、ステージ上にアイテムが落ちています。落ちているアイテムは拾った瞬間に使用されます。例えば、下記のようなアイテムがあります。

  • 一定時間無敵になる
  • 画面上の敵を一掃する
  • タルるートくんの前方に分身を発生させ、接触した敵にダメージを与える

敵と接触すると即死

魔法アイテムの『イキフキカエル』を使用している場合を除いて、敵と接触すると即死します。

ステージ選択

決められたステージを粛々とプレイしていくスタイルではなく、プレイヤーの好みでプレイする順番をある程度決めることができます

f:id:appli-get:20190215130955j:plain

ステージ選択の画面イメージ

ボス

フィールドの最後には、タルるートくんのライバル『ライバー』が待ち受けています。

ミニゲーム

フィールド上に時折、タルるートくんのおなじみのキャラクターが立っていることがあります。彼らに話しかけると、大体の場合、ミニゲームでの勝負をふっかけられます。

ミニゲームに勝利すると、魔法アイテムをくれたり、たこ焼きをくれたりします。逆に負けると、持っている魔法アイテムを取られたりするので、注意が必要です。

下表はミニゲームの一例です。

ゲーム 詳細

BIG AND SMALL

カードの数字があるカードより大きいか/小さいかを当てるゲーム。
完全に運ゲー。3回間違える前に3回当てれば勝ち。
ルーレット ルーレットが回っている最中にボタンを押し、
光が止まった場所のアイテムをもらえるゲーム。
スピード

トランプゲーム『スピード』とルールは同じです。

ルーレット(スロット)

フィールド上にゲームセンターが用意されています。ゲームセンターに入ると、たこ焼きを賭けたルーレット(スロット)をプレイすることができます。
(上の方にあるイメージの『GAME』と書かれている建物がゲームセンターです。)

セーブ機能

3つのセーブスロットが用意されており、フィールド上でいつでもセーブすることができます。

プレイ時間

何度も何度もリセットしてはやり直し、ひたすらルーレットで『マント』と『にるる』をゲットすること約20時間前後(ぐらいだったと思う)、なんとかエンディングを観ることができました。

なお、『最終ステージのフィールド横に『違和感のある五芒星』がありまして、もしかしたらプレイしていないステージがあるかもしれません。

※『』内をドラッグすると、中身が見えます。

良い点・楽しい点

高難度

アクションゲームとしての難易度は結構高いです。

アクションが苦手な方がプレイした場合、第1フィールドの中盤あたりから既に難しく感じるほどのレベルかと思います。特に、各フィールドの最後に待ち受けるボス(ライバー)が相当トリッキーな動きをするため、非常に難しいです。

また、ボス戦や特定のステージは、魔法アイテムが使用できないこともあり、プレイヤーをさらに苦しめます。私の場合、1つのステージで、1時間以上粘ることも何度かありました。

どう感じるかは人それぞれですが、相当やりごたえのあるアクションゲームです。

BGM

タルるートくんらしさのある、明るく元気な曲調のものが多いです。

不穏な空気の漂うフィールドでも、ステージが始まると明るい曲が流れるため、あまり気を張らずプレイできるところが、個人的には良かったです。
(あまり気を抜くとボコボコにされますが(笑)。)

グラフィック

各キャラクターや、敵に関してはそれほど気になりませんでしたが、ステージ上のオブジェクトや、背景画面のグラフィックがかなりキレイです。

悪い点・残念な点

ベロ攻撃の位置あわせ

敵を攻撃する際のベロ出しですが、どうも当たり判定の位置が把握しづらく、スカしてやられることが多いです。

また、斜め方向への攻撃ができないため、敵との高さ(または横方向の位置)をしっかり合わせる必要があり、ちょっと使いづらかったです。

その他

コツ

ルーレット(スロット)の目押し

ルーレットの目押し(※)は意外とできます

特にタルるートくんの絵柄は、他のキャラクターに比べて、下記の特徴があり、そろえやすくなっています。

  • 他のキャラクターであまり使われていない青色が
    ふんだんに使用されているため、見分けが付けやすい
  • 右の2列分は、タルるートくんの絵柄が2つ続いている

タルるートくんが当たると、重要アイテム『マント』と『にるる』が1つずつ手に入るため、是非大量に仕入れておきたいところです。

※ ルーレットの絵柄とタイミングを認識してそろえること。

『マント』と『にるる』

この2つがあると、アイテム使用可能なステージは、かなり楽に進めることができます。そのため、ルーレットでバンバン当てておきましょう。

この2つと『イキフキカエル』は惜しまず、ガンガン使用していきましょう。

キャラクターの顔

なんとなくですが、ルーレットや会話時にでてくるキャラクターの顔があまり似ていません。「誰?」となる程ではないですが。

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★★☆ (オススメします)

キャラクター同士の会話があり、連載・アニメ放送時の雰囲気をそこそこ感じることができ、懐かしいです。

難易度は結構高く、アクションゲーム慣れしている方であれば、かなりのやり応えを感じることができます。逆に、慣れていない方がプレイする場合、何度もリセットボタンを押しまくる展開が待ち受けていますので、相当な忍耐力が必要になります。

私のような初級者から言わせて頂くと、

「命がいくつあっても足りません」

最後に

アニメを観ていた頃は『にるる』と『ミモラちゃん』が可愛くて凄く好きでした。今度、マンガを大人買いしに行こうかな。 

まじかるタルるートくん

まじかるタルるートくん