あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【GB】幽☆遊☆白書 ~懐かしき大選考会と迷宮城が舞台~

【スポンサーリンク】

こんにちは。最終皇帝です。
最近、花粉症がひどくなってきて、鼻炎薬を飲んでいるのですが、やたらと眠くなります。なんならこのブログの記事を書いている最中も、ウトウトしちゃっています(- -)Zz..

どうにかなりませんかね~。

さてさて、今回は『微笑みの爆弾』で有名なあのアニメのゲームを紹介したいと思います。

今回紹介するゲーム

今回は『幽☆遊☆白書』です。

ゲームボーイ版の幽☆遊☆白書は第4作まであり、本作は第1作目です。ちなみに、第2作と第3作に関しては、すでに評価済みです^^

f:id:appli-get:20190311232132j:plain

幽☆遊☆白書 Ⓒ冨樫義博/集英社・フジテレビ・スタジオぴえろ、ⒸTOMY 1993

www.retroboydiary.com

www.retroboydiary.com

価格

HARD OFFにて、324円で購入しました。バーチャルコンソールでは、発売されていないようです。

あらすじ

幻海師範のもとで『霊光波動拳』継承をかけた戦いが繰り広げられる『大選考会編』と、朱雀ひきいる魔界の軍団との戦いが繰り広げられる『迷宮城編』の2ストーリーが展開されます。

ゲームシステムなど

以前紹介した『幽☆遊☆白書 第2弾 暗黒武術会編』と同じ、1対1の格闘ゲームです。

f:id:appli-get:20190311232210j:plain

戦闘中のイメージ(凄くかわいらしくなってしまった。。。)

ゲームモード

ストーリーモードとVSモードがあります。

ストーリーモード

最初に『大選考会編』と『迷宮城編』のいずれかを選択し、ストーリーを決めます。

ストーリーを決めると、マンガ版のストーリーに出てきた対戦相手と順々に戦っていきます。勝利するまで次の相手と対戦することはできません。

f:id:appli-get:20190311232224j:plain

順々に対戦相手と戦い、撃破していく

なお、特定のポイントに『ぼたん』が待っていて、ミニゲームで遊ぶことができます。成功するとキャラクターのHPが回復したり、アイテムを取得することができます。

最終的に、味方の全キャラクターが倒される前に、最後のボスを撃破することができれば、ストーリークリアとなります。

VSモード

幽助、桑原、蔵馬、飛影の4人から1人を選択し、順々に戦っていくモードです。

操作方法

大まかに説明すると、下記のような操作をします。

キー操作 詳細
十字キー 左右の移動・ジャンプ・防御。
Bボタン

攻撃。

Aボタン 押し続けることでゲージが溜まり、必殺技を発動。
(回数制限アリ)
十字キーの操作 + Bボタン キャラクターの固有技を発動。
(キャラクターごとに操作は異なるようです)

www.retroboydiary.com

操作キャラクター

大選考会編では『幽助』と『桑原』のみ、迷宮城編では『幽助』、『桑原』、『蔵馬』、『飛影』を使用することができます。

アイテム

キャラクターごとにアイテムを所持することができ、戦闘中にSTARTボタンを押すことで、使用することができます。

アイテムの入手方法は下記の2通りです。

  • ぼたんのミニゲームに成功する。
  • 戦闘時の各フィールドに隠されたものを拾う

アイテムは全4種類あり、効力は下表の通りです。

アイテム名 効力
コエンマ 必殺技のゲージを満タンにする。
妖気計 方位磁石のようなものが画面に表示され、敵のいる方向を示してくれる。
霊透レンズ フィールド上に隠されているアイテムの位置を教えてくれる。
螢子 体力が0になったら、満タンまで回復してくれる。

難易度

難易度は『EASY, NORMAL, HARD』の3段階を設定できます。

各難易度でクリア後のアニメーションが変わるようです

プレイ時間

NORMALモードは1時間、HARDモードは1.5時間程度でクリアすることができました。

スタッフロールは用意されていないのかな?

良い点・楽しい点

操作が分かりやすい

基本的に十字キーでの移動・防御、B, Aボタンでの攻撃だけで戦えるため、操作がかなり分かりやすいです。

慣れてきたら、キャラクターごとの特殊攻撃(キー操作 + Bボタン)を交えると、戦闘の幅が広がり、さらに面白くなります。

悪い点・残念な点

ボリューム

対戦相手があまり多くなく、全体的にボリュームがやや軽かったです。

その他

BGM

タイトルや序盤の戦闘のBGMとして、『微笑みの爆弾』が使われているところが懐かしかったです。幽☆遊☆白書といえば、やっぱりこの曲ですよね。
(下のiTunesさんのリンクは原曲です)

微笑みの爆弾

微笑みの爆弾

  • 馬渡松子
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes

コツ

いかに、自分の使いやすいキャラクターに大量のアイテムを持たせ、最終戦に挑むかがカギになります。ポイントだけまとめると下記のようになります。

  1. 使いやすいキャラクターを選ぶ。
  2. 使いやすいキャラクターはミニゲームと序盤の弱い敵のフィールドで、アイテムをかき集めることに注力する。
  3. 使いにくいキャラクターは中盤の敵を倒すことだけに注力する。
  4. ラスボス戦は使いやすいキャラクターで、アイテムをフル放出して戦う。

私の場合は『桑原』が使いやすかったので、必ず最後まで残していました。

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★☆☆☆ (あまりオススメしません)

攻撃・防御・回避に加え、コマンド操作による特殊攻撃、必殺技と、格闘ゲームの土台になる要素がちゃんと備わっており、そこそこ楽しめるゲームシステムとなっています。

ただ、少々ボリューム不足な面があり、割とすんなりクリアできてしまいます。

ちょっとしたスキマ時間を利用してプレイするには、良いゲームかもしれません。

★の数を2と3どちらにするか結構迷いました。

最後に

幽☆遊☆白書のOP, ED曲は、どれも名曲でしたね。

『微笑みの爆弾』以外にも、『ホームワークが終わらない』とか『アンバランスなKissをして』あたりは今でも時々聴きたくなります。あ~懐かしい。

ホームワークが終わらない

ホームワークが終わらない

  • 馬渡松子
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
アンバランスなKissをして

アンバランスなKissをして

  • 高橋ひろ
  • アニメ
  • ¥250
  • provided courtesy of iTunes
幽☆遊☆白書

幽☆遊☆白書