あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【GB】ラブルセイバー ~少年を取り戻すため、少女は一人ロボットに乗り込む~

【スポンサーリンク】

こんにちは。最終皇帝です。
レトロゲームというのは、店によって値段がぜんぜん違ったりしますよね。1,000円で買ったソフトが、別の店で500円で売っていたなんてことはザラにあります。

私の場合、そういう時は「俺はこのゲームなら、この値段を出していいと思ったから買ったんだ」と考えるようにしています。内心はめっちゃ悔しいですが(笑)。

さて、今回はそんな店主の価値観により、値幅がやたらと変動しているゲームを紹介したいと思います。

今回紹介するゲーム

今回は『ラブルセイバー』です。ゲームボーイソフトの中では、割とレア度の高い作品ですね。

f:id:appli-get:20190318112835j:plain

ラブルセイバー Ⓒキングレコード/エーウェイヴ

価格

HARD OFFにて、3,240円で購入しました。バーチャルコンソールでは、発売されていないようです。

先日、他の中古ショップで1,500円で売られているのを見て、凹みました。

あらすじ

ある日、男の子と女の子が遊んでいると、空からUFOが現れ、彼らをさらってしまった。女の子はUFOから逃れ、惑星上に降り立った、そこに一台のロボットが現れた。

彼女はロボットに乗り込み、男の子を取り返す冒険に出るのであった。

(オープニングとエンディングを見る限りでは、こんな感じのストーリーのはず)

ゲームシステムなど

少しだけ縦スクロールもありますが、メインは横スクロールのアクションゲームです。

f:id:appli-get:20190319212729j:plain

プレイ中のイメージ(ぬり絵はだいぶ横着しちゃいました)

操作方法

スーパーマリオブラザーズの操作に+αされたような感じですね。

操作 詳細
←→キー 左右の移動。
Aボタン ジャンプ。
Bボタン ショットを放ちます。
通常は1WAYで、アイテムを取得すると3WAYになります。
A+B+方向キー

アイテムを取得していれば、アンカーを飛ばします。
アンカーの先が当たったところにプレイヤーが引き寄せられます。

ジャンプ中にAボタン アイテムを取得していれば、ホバリングします。
B + ←→キー ダッシュします。

操作キャラクターの状態

操作キャラクターには『ロボットに搭乗した状態』と『生身の女の子状態』の2つの状態があります。

ステージ開始時は『ロボットに搭乗した状態』から始まり、敵の攻撃をくらうと、ロボットが廃棄され、『生身の女の子状態』になります。

生身の状態では、ロボット搭乗時に比べ、下記のような制限が付加されます。

  • 3WAYショットのアイテムを取得しても、3WAYにならない(1WAYのまま)
  • 連射速度が相当落ちる
  • 敵のダメージをくらうと即死する

アイテム

ステージ上には、役に立つアイテムが色々落ちています。下表は一例です。

イメージ 詳細

f:id:appli-get:20190319212337j:plain

アンカーの残量が増えます。

f:id:appli-get:20190319212336j:plain

ショットが3WAYになります。

f:id:appli-get:20190319212335j:plain

1回だけ空中でホバリングできるようになります。

f:id:appli-get:20190319212338j:plain

生身の女の子の状態で取得すると、ロボットに搭乗することができます。

アンカーは一種の命綱

アンカーは、障害物に飛び移る以外に命綱的な役割をしてくれます。

具体的には、プレイ中誤って床下に落下してしまった際、フィールドに復帰するためのアンカーを発射できます。

ちなみに、発射するとアンカーの残量が1つ減ります。

残機数が1つ減るところを、アンカー1つで助かるなら、結構なもうけものですね。

ステージ上のギミック(仕掛け)

ステージ上には、色々な仕掛けが用意されています。例えば、以下のようなものが用意されています。

  • ステージ上の特定の箇所をショットで攻撃すると、道が出現する
  • ステージ上の点滅している箇所を踏むと、障害物が破壊される

ボス

各ステージの最後には、ボスが配置されており、倒すと次のステージにいくことができます。

コンティニューは無い

このゲームは残機数がなくなると、タイトルへ強制的に戻されます。もったいない死に方をしないよう、慎重に進む必要があります。

プレイ時間

残機数が0になると、強制的に最初からやり直しになることもあり、かなり時間がかかりました。エンディングを見るのに、おそらく4~5時間ぐらいはかかった気がします。

良い点・楽しい点

背景グラフィックが良い

リアリティを追求しているのか、ステージ背景のグラフィックがかなり細部まで作りこまれています(描かれています)。

要塞内部のような機械だらけのステージがあったり、レンガ造りのお城や荒廃した森のようなステージがあったり、ステージの雰囲気にバリエーションがあってよかったです。

良曲が多い

各ステージごとに曲が用意されており、どれもかなりの良曲です。私個人的には、最初のステージで流れる哀愁感、孤独感いっぱいの曲がかなり好きです。

悪い点・残念な点

ストーリー性

「少女がロボットに乗り込んで、少年を助けに行く」というかっこいいお命題があるのに、ストーリーに触れているのがオープニングとエンディングだけで、もったいないです。

文字での説明でも良いので、そのステージに少女がたどり着いた経緯などを、ステージとステージの間に挿し込んでくれたら、もう少し感情移入できたかもしれません。

たまに動作が重くなる

画面上に敵や障害物が多く表示されると、だんだん描画速度が下がってきて、動作が重くなります。

武装の種類が少ない

武装が1WAYのショットと3WAYのショットしかないのが、ちょっと残念でした。

その他

作りが細かい

地味に細部にこだわっているところがあります。例えば、

  • 女の子が攻撃をくらうと、目を開けたまま横向きになり、
    少しすると目をつぶって、うつぶせになる(妙にリアル)
  • ロボット搭乗時と、女の子の状態でBGMが異なる

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★☆☆ (普通です)

値段云々は置いておくとして、横スクロールのアクションゲームがお好きな方であれば、そこそこ楽しめる良作です。BGMがかなり良いので、プレイ中の気分も上がります。

ゲームシステムに関しては、アンカーの使用やホバリングなど、特殊なオプションはあるものの、他のアクションゲームを圧倒するような珍しいものが無く、これから初めてプレイする方にとっては、少々物足りないかもしれません。

値段の話に戻しますが、3,000円以上出してプレイすべきゲームかと言えば、微妙なところです。1991年の発売当時にプレイしていた方もしくは、コレクターの方であれば、オススメします。

最後に

3,000円以上するのは正直驚きました。出荷本数の少ないプレミア商品なんですかね。

ラブルセイバー

ラブルセイバー