あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【FC】T.M.N.T. ~武器はいらん。まずは跳び蹴りだ。~

【スポンサーリンク】

こんにちは。最終皇帝です。
なんだか朝の電車の乗車率がやたらと上がってきたと思ったら、もう4月だったんですね。新社会人のお出ましですか、初々しいもので。

私のようにスレきった兄ちゃんにならないよう、くれぐれもお気をつけください。

さて今回は、そんな新社会人世代はおそらく知らないであろう、『ニンジャタートルズ』のゲームを紹介したいと思います。

今回紹介するゲーム

今回はファミコンの『T.M.N.T. (ティーンエイジ・ミュータント・ニンジャ・タートルズ)』です。以前、ゲームボーイ版の第1作目を紹介しましたね。

f:id:appli-get:20190403225132j:plain

Teenage Mutant Ninja Turtles ⒸKONAMI 1990

www.retroboydiary.com

価格

近くのリサイクルショップにて、1,490円で購入しました。バーチャルコンソールでは、発売されていないようです。

あらすじ

さらわれたタートルズの仲間「エイプリル」や、師匠である「スプリンター先生」を救出したり、都市内で起こる異変をタートルズが解決していきます。
(ステージ毎にあらすじ(ミッション)が変わります)

ゲームシステムなど

ベルトスクロールのアクションゲームです。

f:id:appli-get:20190403215036j:plain

プレイ中のイメージ

操作方法

操作に関しては、かなりシンプルな仕様でした。以前紹介したゲームボーイ版にあった『手裏剣』は本作にはありません。

操作 詳細
Aボタン ジャンプします。
Bボタン 武器を使った通常攻撃をします。
ジャンプ中にBボタン とび蹴りします。
A+Bボタン同時押し 必殺技を放ちます。
(回数制限無し)

キャラクター

お馴染みのタートルズの4名から1人を選択し出撃します。
一度選択すると最後まで変更することができないため、注意が必要です。

キャラクター名 詳細
レオナルド 2刀流の使い手。
ミケランジェロ ヌンチャクの使い手。
ラファエロ 二つの釵(サイ)の使い手。
ドナテロ 棒術の使い手。

ステージ

1ステージ毎に異なるミッションが用意されています。

ファイナルファイトのようなベルトスクロールアクションであり、ザコ敵をバンバン倒し、道中に仕掛けられているワナを避けながら、最後まで進みます。

最後まで進むと、ボスが待ち構えています。

アイテム

アイテムは『ピザ』1種類のみです。

時折、道端に落ちていて、拾うと体力が全回復します。

コンティニュー

コンティニュー回数の制限があり、使い切るとゲームオーバーになります。

プレイ時間

大体6~7時間程度でクリアすることができました。とび蹴りの重要性が分かるまで、だいぶ時間を食ってしまいました。

良い点・楽しい点

プレイ中、暇にならない

操作方法がかなりシンプルですが、序盤のステージから敵がかなり強くステージ構成や仕掛けられたワナのバリエーションが多彩で、プレイ中、暇にならないところが良かったです。

BGM

とにかくBGMが良いです。いつもどおりのKONAMIクオリティ。最高です。
KONAMI製のBGMは良い意味でクセがあり、他のメーカーとは一線を画しています。

ステージ間に入る1コマ

ステージをクリアすると、アニメの1シーンに近い画が1コマ表示されます。昔テレビでタートルズを観ていた私にとっては、なんだか懐かしかったです^^

悪い点・残念な点

キャラクターの個性がない

以前紹介したゲームボーイ版と同様、プレイ開始時にキャラクターを選択できますが、どのキャラクターを選択しても、ほとんど違いが見当たりません
(実際のところは多少違うのかもしれませんが)

『素早さ』や『腕力』がキャラクターによって変わったり、キャラクターごとの武器を活かした必殺技が繰り出されるといった、大胆な変化をつけて欲しかったです。

その他

とび蹴りが重要

このゲームは、敵に真っ向から突っ込んで攻撃すると、十中八九、敵からの反撃に遭い、ダメージを受けるため、『とび蹴り』がかなり重要です。

『とび蹴り』で攻撃すると、攻撃を受けた後の敵の反応がやや鈍くなり、割と高い確率で反撃の前に逃げることができます。

タイトル画面で待っていると表示されるプレイデモ画面で、とび蹴りをうまく使っているラファエロを見て気づきました^^;

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★☆☆ (普通です)

最終的にひたすら『とび蹴り』を多用するゲームになってしまうものの、高難度かつ、ステージのワナ・バリエーションが多彩なこともあり、なかなか歯ごたえのある作品でした。

キャラクターごとのステータスや必殺技に、もう少し変化をつけてくれたら、もっと楽しめたかもしれません。惜しい。

最後に

前回のゲームボーイの記事でも紹介しましたが、タートルズはやはりこの曲を聴かなければ始まりませんね(笑)。

Teenage Mutant Ninja Turtles Cartoon Opening Theme (1987)

Teenage Mutant Ninja Turtles Cartoon Opening Theme (1987)

  • Teenage Mutant Ninja Turtles
  • チルドレン・ミュージック
  • ¥200
  • provided courtesy of iTunes
T.M.N.T タートルズ

T.M.N.T タートルズ