あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【SS】X-MEN VS. STREET FIGHTER ~最強のパートナーを見つけ出し、相手タッグもアポカリプスも全部粉砕!!~

【スポンサーリンク】

こんにちは。最終皇帝です。

今回は私がプレイした格ゲーの中で、1位・2位を争うほど、盛り上がったソフトを紹介したいと思います。

(普通に、昨日も友人と夜中まで50対戦ぐらいしてました(笑))

今回紹介するゲーム

今回は『X-MEN VS. STREET FIGHTER』です。

f:id:appli-get:20191113214400j:plain

X-MEN VS. STREET FIGHTER Ⓒ1997 MARVEL CHARACTERS. INC.、ⒸCAPCOM CO.,LTD. 1997

価格

駿河屋さんで購入したのですが、レシートをなくしてしまいました。確か4,000円ぐらいで購入したと思います。

あらすじ

相次ぐ格闘家とミュータントの行方不明事件。

これはシャドルー総統のベガの仕業なのか、それとも人類滅亡をもくろむ『磁界王マグニート』の計画なのか。

ミュータントヒーローチーム・X-MENとストリートファイター達は、ある時は互いに手をとり、ある時は拳を交え、真実を見極めようとしている。

(説明書より)

ゲームシステムなど

f:id:appli-get:20191113214411j:plain

プレイ中のイメージ(もっと画力がほしい。)

特徴

ヴァリアブルヒーローバトル

総勢17名の個性的なメンバーから、2人を選択し、2vs2のタッグ戦を行います。

ハイパーコンボ

ハイパーコンボゲージを溜めることで、『真空波動拳』や『ウェポンX』といったハイパーコンボ技を放つことができます。

2人だからできるコンビネーション技

1人が戦っている間、パートナーは裏方で待機しており、その間は受けたダメージを一定量、少しずつ回復することができます。

戦闘中のパートナーがピンチに陥ったときは、コマンドを打ち込むことで、画面外から飛び込んできてくれます。なんかカッコイイ!

さらに、ハイパーコンボゲージを大量消費することにより、2人同時に大迫力のハイパーコンボ技を発動することができます!

敵のスキを見計らってぶち込むことで大ダメージを与えることができ、プレイヤーに「これでもか!」というほどの爽快感を与えてくれます!

操作のバリエーションがとてつもなく広い

通常の必殺技・ハイパーコンボ・ヴァリアブル技に加え、

  • アドバンシングガード
  • チェーンコンボ
  • エリアルレイヴ  (まだまだ他にもいっぱいある)

といった上級者向けの操作テクニックがあり、プレイヤーの熟練度に応じて、戦闘レベルがドンドン上がっていくところが非常に魅力的です。

キャラクター

X-MENからは8名ストリートファイターからは9名登場しています。

今や映画などで有名になったX-MENのキャラクターも、私が中学生の頃はまだまだ世間には浸透しておらず、私も含め、このゲームを通じて初めて知った人が多かったです。

ストリートファイターは言わずもがなで、多くの人に知られていましたね。

ストリートファイター

※コメントはあくまで個人的な感想と印象です。

名前 コメント
リュウ

いわずと知れた格闘家。
シリーズを重ねるに連れ、肩幅がドンドン
でかくなっていく。
近・遠距離戦、いずれにも優れ、
初心者~上級者まで多くのプレイヤーに
愛されている。

ケン

ラーメン頭のアメリカン。
リュウと戦闘スタイルが似ているが、
昇竜拳を軸にした攻撃が多く、
若干リュウよりも近距離戦タイプ。

斜め下方に放つ『空中波動拳』がなかなか
地味に役立つ。

キャミィ 素早い動きと足技で翻弄するファイター。
ベガの親衛隊員。
ストリートファイターのキャラクターの
中でも随一の接近戦派。
一つ一つの攻撃が派手でスキができやすいが、
上手く扱えるとたぶん最強。
チュンリー

私が小学生のときのアイドル。
新作が出るたびに太ももがドンドン太く
なっていく中華系美女。

『百裂脚』を軸に『気功掌』・『千裂脚』
といった大技、飛び道具の気功拳など、
非常にバランスに長けている。

ベガ

秘密結社シャドルーの総統。
筋肉ムキムキすぎて体のバランスが悪い。

操作に一癖あり、好んで使っている人を
周りで見たことがない。

ザンギエフ

ロシアのプロレスラー。
スト2のエンディングで見てコサックダンスを
真似した人も多いだろう。

相手が飛び道具を使ってくると避けにくい
ことがネックであったが、
本作はスーパージャンプがあり、
相手に近づきやすくなった。

試合に勝つことよりも、
スクリューパイルドライバーか
ファイナルアトミックバスターを相手に
一発ぶち込めるかが焦点になることが多い(笑)。

ナッシュ

ガイルの盟友。
技のレパートリーがガイルにそっくり。

溜めてから放つ技が多く、クセが強い。
ベガと同じく、好んで使っている
プレイヤーをほとんど見たことがない。

ダルシム

手足が伸びるヨガの人。

移動力がかなり遅いが、それをカバーする
『ヨガテレポート』、攻撃範囲の広い
『ヨガフレイム』、『ヨガインフェルノ』など、
ストリートファイター2時代から
比べると、すさまじく使いやすくなった。

ザンギエフと彼でタッグを組む人が
周囲に多かった。

豪鬼

リュウとケンを足して2で割り、
さらに強くしたようなキャラクター。

口数が少なく、盛り上がりに欠けるが、
バランスに優れ、どんな相手でも
対応しやすい。

X-MEN
名前 コメント
サイクロプス

見た目からしてヒーロー。

赤いグラサンから発射する
『オプティックブラスト』がボタンの
強弱により方向を変えられるため
使いやすい。初心者向け。

攻撃範囲の広いハイパーコンボ、
『メガオプティックブラスト』で
フィニッシュを決めると
すさまじい爽快感を得られる。

ウルヴァリン

ツメの超人オジサン。接近戦に超強い。

『ウェポンX』が決まると大抵、
隣の相手プレイヤーが悲しい顔になる。

波動拳と昇竜拳のコマンドを適当に
入力していると、いつの間にか必殺技が
大量に放たれ、それらしい達人っぽい
戦いになっていることもしばしば。

ストーム

風と雷を操るお姉ちゃん。

「おぅーっ!」と「タイホー!」という
言葉ばかり耳と脳裏に残り、
肝心な戦闘がどうだったかを
思い出せないこともしばしば。

ガンビット

ちょっとキザなおじさん。

どこからともなく現れるカードでの
長距離攻撃と、長いスティックを使った
攻撃が特徴的。

私の周りにいた上級者は結構好んで
使っており、エリアルレイヴで
相手をフルボッコにすることが多かった。

マグニート

一度浮いたらなかなか地上に
降りてこない磁界の王様(らしい)。

どちらかというと長距離の戦闘が得意。

遠くからイヤらしい攻撃をしたい人には
もってこい。

ジャガーノート

唯一、攻撃を喰らってもひるまない
特性を持つ、馬鹿デカイキャラ。

ジャガーノートパンチと、ハイパーコンボの
ジャガーノートヘッドクラッシュが
当たると、相当気持ちがいい。

負けがかさんでイライラしている時、
スカッとするために使っている人がよくいた。
(私の周りの人の話です)

セイバートゥース

戦い始めると画面の端から端へ
行ったり来たりすることになるキャラ。

かなりの近距離戦闘向け。

「ウガー!」と「バーサーカーコー!」
という言葉をやたらと放ち、
テレビの音量が大きいと近所迷惑になる
可能性が高い。

ローグ

野生的でグラマラスなお姉ちゃん。

このお姉ちゃんを使う人は大抵、
豪鬼の『瞬獄殺』をコピーするのが主目的
だったりする。

好んで使う人はほぼ見たことがない。

プレイ時間

1人用のアーケードモードであれば、20分ちょいぐらいでクリアできます。

良い点・楽しい点

戦略性

交代のタイミングを探ったり、ここぞ!というときに2人での超必殺技『ヴァリアブルコンビネーション』を発動したり、格ゲーにしては、かなり戦略性があります

さらに、長距離が得意なキャラ、至近距離が得意なキャラといった特性を考えることで、さらに面白みが増します。

例えば、キャミィ&ウルヴァリンや、サイクロプス&マグニートなど、戦略スタイルが偏り気味なペアにすると、結構盛り上がったりします。

コンボの爽快感

個人的に、格ゲーは多少度が過ぎるぐらいの迫力があった方が爽快感があり、良いと考えています。

本作はまさにそれを体現していて、ハイパーコンボの回数の多さ、ヒットした時のビシビシ響くエフェクトなど、スカッとしたい時にはもってこいなソフトです。

初心者に優しい

通常の必殺技やハイパーコンボなど、基本となるコマンドが割とシンプルで操作に慣れていない方にも優しいです。

また、コマンド入力の認識が甘めで、多少荒めな入力でも、技が出やすいところが良いです。
(もしかすると、サターンのコントローラーの十字キーの感度が良いのかもしれませんが。)

極めたい人にも優しい

さらに技を極めたい人向けに『エリアルレイヴ』、『アドバンシングガード』、『チェーンコンボ』など上級者向けのコマンドも用意されており、特訓すればするほど、テクニカルな戦いができるようになっていきます。

悪い点・残念な点

特に悪い点は見当たりませんでした。

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★★★ (かなりオススメします)

コマンド操作のバリエーションが広く、できることが多いため、格ゲーにしてはかなり長く遊べる超良作です。

また、動作が滑らかでキーレスポンスが良く、プレイ中のイライラ感はほぼありません。

ストリートファイターの延長で購入される場合、かなり楽しめると思います。

格ゲーがあまり好きではない私でも相当楽しめたので、光る何かがあるのでしょう。

価格に関しては、少々高かったですが納得です。

最後に

中学生の頃はひたすら、

『オ・ピ・パ!!!』

とサイクロプスのマネばかりしてました。クッソ懐かしい。いい時代だった。。。

Xメンvsストリートファイター

Xメンvsストリートファイター