あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【FC】パーマン 〜ファミコンでは珍しいややヌルゲーな横スクロールアクション〜

【スポンサーリンク】

こんにちは。最終皇帝です。

みなさんは最近『藤子・不二雄』さんのアニメを観ていますか?

私はドラえもんであれば、割と高頻度で観ています。大山のぶ代さんが声優をやられている頃のドラえもん映画DVDを全て持っているもので、1ヶ月に1回ぐらいは観ています。

大人になった今でも、まだまだ楽しめますね。

さて今回は『藤子・不二雄』さんのアニメを題材にしたゲームを紹介したいと思います。

今回紹介するゲーム

今回は『パーマン』です。

f:id:appli-get:20191231143946j:plain

パーマン ⒸIREM CORP. 、Ⓒ藤子・小学館・テレビ朝日

価格

HARD OFFにて、216円で購入しました。バーチャルコンソールでは発売されていないようです。

あらすじ

ある日、パーマンチームを取りまとめるリーダー『バードマン』の円盤(UFO)が『マッドはかせ』に取られてしまった。

このままでは、バードマンはバード星に変えることができなくなってしまう。

見かねたパーマンは円盤を取り返すための冒険に出るのであった。

(オープニングより推測)

ゲームシステムなど

オーソドックスな横スクロールのアクションゲームです。

f:id:appli-get:20191231144015j:plain

プレイ中のイメージ

操作キャラクター

基本的にパーマンを操ってプレイしますが、ステージによって、ブービーを選択して操作することもできます。

攻撃方法

初期状態では、パンチ・ジャンプによる踏み潰し攻撃をすることができます。

ステージ上に落ちているアイテムを拾うと、パンチが遠距離まで届くようになったり、銃で攻撃したりできるようになります。

すごろく戦

ボスのところに行き着くまでは、横スクロールアクション』となっており、『ボス戦はラスボスを除いて、すごろく戦』となります。

f:id:appli-get:20191231144004j:plain

中ボス戦のイメージ(すごろく戦)
アイテム

すごろく戦は、ボスのところに行き着く前に、フィールドで取得したパーバッヂやアイテムを使うことで、有利に進めることができます

例えば、パーバッヂを手に入れておくと、パー子やパーやんが助けに来てくれて、敵を攻撃してくれます。

やられるとやり直し

ボス戦で負けてしまうと、そのステージの最初(横スクロールアクションのステージ)からやり直しとなります。

プレイ時間

結構な回数、コンティニューをしましたが、大体2時間強程度でクリアすることができました。

良い点・楽しい点

操作は結構快適

操作自体がシンプルで、スーパーマリオなどをプレイしている方は、すぐに始めることができます。

また、キーレスポンスが良く、プレイ中のストレスをあまり感じませんでした。

悪い点・残念な点

そこそこヌルゲー

スーパーマリオブラザーズやハットリくんなどと比べると、相当難易度が低く、そこそこヌルゲーです。

あまり山場がなく、いつの間にかエンディングを迎えていました。 

www.retroboydiary.com 

運ゲー要素が強い

ボスとのすごろく戦は、パーバッヂや他のアイテムなどを所持していると有利になります。

しかし、それらのアイテムの所持に関係なく、相手からの攻撃ですんなり負けてしまうことが結構ありました。

なんだかんだ相手の出方次第の運ゲー要素が強いです。

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★☆☆ (普通です)

印象としては、『シンプルかつオーソドックスな横スクロールアクション』といったところでしょうか。描画遅延も無く、操作性も悪くありません。

ただ、中ボス戦のすごろくは運ゲー要素が強く、「なぜここだけすごろく戦にしたんだろう」という疑問符が浮かんできます。

難易度は高くなく、割とすぐ終わってしまいますが、価格は安いので、レトロゲームをお手軽に楽しみたいのであれば、試してみても良いと思います。

最後に

パーマンというとエンディングテーマの「じゆ~うにそらをとべるけど!カラスのかんざぶろうじゃ、、、ないよ!時速119kmもスピード違反じゃな~いよ!」というノリノリなフレーズが真っ先に浮かんできます。懐かしい。。。

パーマン

パーマン

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: アイレムソフトウェアエンジニアリング
  • 発売日: 1990/12/14
  • メディア: Video Game