あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【SFC】超時空要塞マクロス スクランブルバルキリー 〜開始20秒で絶対に面白いと感じるシューティング〜

【スポンサーリンク】

こんにちは。最終皇帝です。

みなさんはマクロス系のアニメをご覧になったことはありますか?

私が真面目に全話観たのは『マクロスフロンティア』だけです。

本家『マクロス』や『マクロス7』など観たいのですが、話数が多いため、なかなか気合がノリません。う~む。

さて今回は、そんな『マクロス』を題材にしたゲームを紹介したいと思います。

今回紹介するゲーム

今回は『超時空要塞マクロス スクランブルバルキリー』です。

f:id:appli-get:20200101135245j:plain

超時空要塞マクロス スクランブルバルキリー ⒸBIG WEST、ⒸZAMUSE 1993

価格

HARD OFFにて、8,800円で購入しました。バーチャルコンソールでは発売されていないようです。

あらすじ

伝説はまだ終わらない。

これは歌と戦争の物語。

バルキリーを発進させ、戦うのだ。

(すごいざっくりですが、こんな感じです。)

ゲームシステムなど

変形機構・ザコ敵の引き入れが特徴的な、横スクロールシューティングです。

f:id:appli-get:20200101135224j:plain

プレイ中のイメージ

変形機構

マクロスの戦闘機VFは『ファイター』、『ガウォーク』、『バトロイド』の3形態の変形機構が付いています。
(ちなみに、上の画像は『ファイター』の状態です)

  詳細
ファイター

移動速度は3形態で最速。

攻撃方法は直線的なものが多い。

ガウォーク

ファイターとバトロイドの中間の状態。

移動速度と攻撃力のバランスを重視。

バトロイド

速度を犠牲にして、威力と範囲攻撃を重視。

各形態で使える武器については、選択するキャラクターによって異なります

なお、本作は以前紹介したファミコン版の『超時空要塞マクロス』とは異なり、ファイターだとスクロール速度が速くなったり、バトロイドだと遅くなったりはしません

スクロール速度は常に固定です。

www.retroboydiary.com

キャラクターセレクト

スタートすると、まず最初にパイロット(機体)を選択します。

   

本作の主人公。

ファイターモードのレーザーが
使いやすい
です。

ガウォーク・バトロイドに変形することで、画面上下方向から現れる
敵にも対応しやすいバランス型の
機体です。

他のゲームで例えると、
グラディウスのビックバイパーの
戦い方に似ています。

マックス

頭脳明晰なパイロット。ミリアの旦那。

特徴的なのは、ガウォークモードのチェーンのような武器
扱いにくいですが、慣れてくると
自機を守る盾にしたり、ボスとの
超接近戦で大きなダメージを与える
ことができます。

また唯一、バトロイドモードにおいて
ホーミング性能のあるショット
放つことができます。

ミリア

マックスの奥さんでゼントラーディ。

前方への攻撃力は、
全機体中トップクラス

その代わり、上下方向への
攻撃が無く、待ち伏せしている敵
への対応がしづらいです。

特徴的なのは、ガウォークモードの
跳ね返るブーメランのような武器。

極上パロディウスのヒカルちゃんが
使う跳ね返るブーメランに似ており、
かなり使い勝手が良いです。

 

www.retroboydiary.com

敵の引き寄せ

ショットを放つのをやめて2,3秒待つと、自機の周りにバリアのようなものが張られます。

f:id:appli-get:20200101135234j:plain

バリアのようなものが張られている状態のイメージ

この状態で特定の敵に接触すると、その敵が仲間になり、他の敵を攻撃したり、自機を守ってくれます

(もしかしたら、コックピットで『ミンメイ』が歌っているのかもしれません(笑))

なお、引き寄せた敵にはライフの概念がないため、他の敵を引き寄せるまで、ずっと味方でいてくれます

武装のパワーアップ

ザコ敵を倒すと、パワーアップ用のアイテムを落とします。

パワーアップアイテムを拾うと、現在の形態の武装が1段階アップし、上限は最大3段階となっています。

なお、敵からの攻撃を受けると、パワーが1つダウンします。

先日紹介した『機動装甲ダイオン』が似たようなシステムを採用していますね。

www.retroboydiary.com

プレイ時間

EASYモードでプレイしたところ、1時間程度でスタッフロールを見ることができました。現在NORMALでプレイしていますが、第3ステージあたりで撃沈します(笑)。

良い点・楽しい点

第1ステージの導入部が良い

スピード感のあるBGMと、高精細なグラフィック、宇宙船のワープによる画面フェードインなど、第1ステージから、プレイヤーへ『面白そう』と感じさせる雰囲気がしっかり滲み出ているところが良いです。

おそらく、私が今までプレイしたシューティングの中で一番、『開始20秒のワクワク感』が強い作品でした。

遅延が少ない滑らかなグラフィック

画面上のオブジェクトが多く、細かいアニメーションやエフェクトを含んでいる割に、描画遅延が少ないです。

スーパーアレスタまではいきませんが、近いレベルです。

www.retroboydiary.com

変形機構

変形することで、移動力と攻撃力のアップダウンが生じ、絶妙なリスクとアドバンテージ(ゲームバランス)を生んでいます。

マクロス戦闘機の特徴をうまくゲームに活かせています。

敵の引き寄せ

色々な種類の敵を味方に引き寄せていくのが、単純に面白いです。

気になる敵は、すぐに引き寄せてみましょう。

悪い点・残念な点

特に悪い点は見当たりませんでした。

その他

リアリティ

最初のステージは、デブリ帯での戦闘ですが、よく見ると、背景に多数の息絶えたパイロットが浮遊しており、なかなかリアリティがあります。

個人的な評価

お使いのブラウザはcanvasに対応していません。

オススメ度

★★★★★ (かなりオススメします)

マクロスの変形機構と、ミンメイの歌(?)を仕様にうまく取り入れた、特徴的なシューティングゲームです。完成度が非常に高いです。

難易度が高く、初見でプレイした際、30秒ぐらいで撃墜され、速攻タイトル画面に戻った時は盛大に笑いました。

優しいメロディの『シャオパイロン』がBGMになっていたファミコン版とはだいぶ異なり、かなりスピード感のある曲が多く、モチベーションがグイグイ上がっていきます。

価格が8,800円と非常に高かったですが、個人的には横スクロールシューティングの中で、トップクラスに面白く、購入して後悔していません。駿河屋さんや、Amazonさんの中古価格を見ても、7,000円は越えているので、まぁまぁな価格で買えましたかね。

最後に

「難しかったなぁ。」と浸っていると、『Programmed by WINKY SOFT』という文字が。

なるほど、彼らが絡むゲームは大体ムズイ。でも面白かった!

超時空要塞マクロス スクランブルバルキリー

超時空要塞マクロス スクランブルバルキリー

  • 作者:
  • 出版社/メーカー: バンプレスト
  • 発売日: 1993/10/29
  • メディア: Video Game