あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【SFC】SDザ・グレイトバトル 新たなる挑戦 〜6人のヒーローを操り、邪悪な怪物たちを滅ぼせ〜

【スポンサーリンク】

こんにちは。最終皇帝です。

外部環境により、外になかなか出にくい昨今、皆様はどうお過ごしでしょうか。

私は特に変わらず、部屋を占拠している大量の積みゲーをひたすら消化している次第です。

幸せではあるものの、あまり健康的な生活ではないですね(笑)。

さて今回は、名の知れた6人のヒーローが活躍するゲームを紹介したいと思います。

今回紹介するゲーム

今回は『SDザ・グレイトバトル 新たなる挑戦』です。

f:id:appli-get:20200506125241j:plain

SDザ・グレイトバトル 新たなる挑戦 ©石森プロ・毎日放送・東映・円谷プロ・創通エージェンシー・サンライズ・BANPRESTO 1991

価格

BOOK OFFにて、500円で購入しました。バーチャルコンソールでは、発売されていないようです。

あらすじ

環境管理装置の完成により、平和を手にしたSDネイション。

しかし、ある日装置が暴走し、邪悪な怪物たちがよみがえってしまった。

先発隊として原因の究明にのりだした『V3』、『ウルトラマンタロウ』、『ナイトガンダム』であったが、消息不明となってしまった。

それからひと月が流れ、第二次調査隊として、『ライダー1号』、『ウルトラマン』、『ガンダム』が選出され、調査へと向かうのであった。

(オープニングより)

ゲームシステムなど

上空始点でヒーローたちを操作し、敵を撃破していくアクションゲームです。

f:id:appli-get:20200506125320j:plain

プレイ中のイメージ(タイル感ありあり)

ゲームの大まかな流れ

仲間のキャラクターを切り替えながら、ザコ→中ボス→ステージのボスを倒していきます。

複数ステージにまたがっており、各ステージにそれぞれちょっとしたストーリーが用意されています。

操作方法

操作自体はシンプルで大まかには下記の4つです。

  • 上下左右への移動
  • 通常攻撃(射撃)
  • 必殺技の使用
  • キャラクターの切り替え
  • サブキャラクターの召喚
必殺技の使用

各キャラクターごとに独自の必殺技が用意されており、画面右下に表示されている必殺技用のゲージを一定量使用して、使うことができます。

ステータス

プレイヤーにはHPと必殺技用のゲージがが設定されています。

HPゲージ(正式名不明)

f:id:appli-get:20200506125355j:plain

HPゲージのイメージ

敵から攻撃を受けるとHPが減り、HPが0になると、ライフを1消費してよみがえります。

最終的に、ライフが0になるとゲームオーバーになります。

ゲームオーバーになるとタイトルに戻り、コンティニューはできません。

必殺技ゲージ(正式名不明)

f:id:appli-get:20200506125335j:plain

必殺技ゲージのイメージ

必殺技ゲージは、各キャラクター固有に必殺技を使用する際に使用します。

必殺技ゲージは、ステージ中に現れる支援キャラクターから処置を受ける以外の方法で回復することができません

そのため、必殺技を使用するタイミングは重要です。

キャラクター

初期の3名と、ストーリー進行中に仲間になる3名、総勢6名のキャラクターを使用することができます。

キャラクター名 詳細
ウルトラマン

ノロノロ進んでいく必殺技
『八つ裂き光輪』が使いやすい。

また、通常攻撃の光線が左右に
偏らずに、ウルトラマンの中心
から飛んでいくため、
敵への照準が合わせやすい。

ガンダム

必殺技の『ハイパーバズーカ(?)』
発射後爆発し、広範囲の敵を
攻撃できる。
またコストが低く重宝する。

ウルトラマンやライダー1号より
多少足が速いため、ボス戦で
逃げ回りやすい。

ただし、通常攻撃の発射位置が
正面を向いて右側のため、
攻撃する際の照準が合わせにくい。

ライダー1号

必殺技は敵の攻撃を一時的に
止めることができるが、
停止の時間が短く使いづらい。

攻撃方法が通常攻撃しかないため、
使いどころがやや難しい。

ライダーV3

必殺技はバイクに搭乗して、
猛スピードで移動できる
ようになる。
移動中は敵へ突撃することで
攻撃可能。

敵が密集した地帯を少ない
必殺技ゲージで突っ切ることが
できる。

ウルトラマン
タロウ

必殺技は放射状に炎を発射し、
周囲の敵を一度に攻撃できる。

必殺技以外はウルトラマンと
ほぼ同じ。

使いどころが意外と
見当たらない。

ナイトガンダム

必殺技は斬撃。
クセがないため使いやすい。

ガンダムと同じく、
移動速度がやや速い。

キャラクターごとの優位性

キャラクターと敵との相性があるようで、相性の良い組み合わせで攻撃すると、攻撃力が上がるようです。

例えば、ウルトラマンと怪獣、ガンダムとザク、仮面ライダーとショッカーのように、各番組に登場している敵とは相性が良いようです。

プレイ時間

総プレイ時間は大体10時間程度だと思います。

現在は結構慣れてきたため、ノーコンティニューで50分前後でクリアすることができます。

良い点・楽しい点

キャラクターの個性

敵の相性や必殺技の性質を考えながら、キャラクターを切り替えて、ステージを攻略していく戦略性は面白いです。

難易度

個人的には優し過ぎない、張り合いのある難易度が良かったです。

始めた当時は第1ステージをクリアするのが精いっぱいでしたが、繰り返すことにより、操作のクセが見えてきたり、必殺技を使用すべき場所がわかってきて、プレイヤー側の上達が目に見えました(自己満足)。

再三のゲームオーバーを乗り越え、ラスボスを倒したときの解放感はなかなかのものですよ。

悪い点・残念な点

サブキャラクターの意義

必殺技ゲージが溜まった状態で、Yボタンを押すと、仲間のサブキャラクターを召喚することができるのですが、ゲージの消費量が多いわりに、あまり強くなく役に立ちません

結果的に、必殺技ゲージは各キャラクターの必殺技を使用するためだけに使われ、サブキャラクターがいる意義がかなり薄れてしまいました。

もう少しサブキャラクターを強力にしてもよかったのかなぁと感じました。

個人的な評価

f:id:appli-get:20200530213410p:plain

評価グラフ

オススメ度

★★★☆☆ (普通です)

正直、★を4つにするか迷いましたが、少々辛口で3つにしました。

慣れ親しんだヒーローを操りながら、おなじみの敵を撃破していく本作は、初見ゲーム特有の『シナリオを覚えなければならない大変さ』がなく、お手軽さがあります。30~40代の方であれば、ドンピシャ世代ですので、入り込みやすいです。

操作方法がシンプルな点も、個人的には良かったです。

ただしその半面、難易度がやや高めかつ、ゲームバランスに少々クセがあるため、アクションゲームが苦手の方がクリアするには、多少の根性が必要になります。

HARD OFFなどで割と見かけることが多く、値段もそこまで高くないため、気になった方は試してみてはいかがでしょうか。

最後に

ゲーム内でプレイヤーの手助けをしてくれる『ロア』は、グレイトバトルが初出演だったんですね。

スーパーロボット大戦ORIGINAL GENERATIONなどでみたことがあり、てっきりスパロボ固有のキャラなのかと思っていました。

SDザ・グレイトバトル

SDザ・グレイトバトル

  • 発売日: 1990/12/29
  • メディア: Video Game