あれはいいものだ。

とりあえずマ・クベとは全く関係ない。

MENU

【強引】マーカーで書かれたファミコン表面の思い出を身近なもので消してみる

【スポンサーリンク】

こんにちは。最終皇帝です。

ファミコンやスーパーファミコンで遊んでいた世代の皆さんは、貸したソフトを『借りパク』されないように、マーカーで名前をデカデカと書いたことはありませんか。

HARD OFFなどの吊り下げ品コーナーにあるソフトにも、結構書かれていることがあり、見るたびに子供のころの思い出が詰まっているのだろうなぁと、物思いにふけってしまいます。

しかし、1度マーカーで書いてしまうと、その形跡を消すのは手間がかかります。

今回は身近なものを使って、この思い出を半ば強引に消してみたいと思います。

※ 必ずしもここに記載されている方法で消えるとは限りません。ソフトに何らかの
  不備などが起きても当ブログでは責任を負いかねます。ご了承ください。

今回思い出を消すもの

先日購入した『激突四駆バトル』というファミコンソフトです。

このソフトの元所有者さんは、相当大事にされていたのか、差込口と天面以外の4面はすべて名前がかかれていました。(しかも2人の名前)

少々心苦しい気もしますが、今回実験台として使用させていただきます。

(名前をさらすのは良くないので、一部だけ表示しています。)

f:id:appli-get:20200504142354j:plain

f:id:appli-get:20200504142405j:plain

f:id:appli-get:20200504142413j:plain

f:id:appli-get:20200504142423j:plain

f:id:appli-get:20200504142432j:plain

購入当時のソフト表面(名前がたっぷり)

思い出を消すために用意するもの

今回使用するのはこちら。

 

・プラスチック消しゴム

f:id:appli-get:20200504142826j:plain

今回使用するプラスチック消しゴム

握力 

 

消し方

ひたすら力を入れすぎずにこするだけ!

インクの残り具合によっては、結構時間がかかるので、お覚悟を。

f:id:appli-get:20200504142440j:plain

f:id:appli-get:20200504142450j:plain

地道にゆっくり、力を入れずにこする

結果

少し残っていますが、ほぼ落ちました。

シールに書かれた名前も消せたのは、なかなかの驚きです。

f:id:appli-get:20200504142502j:plain

f:id:appli-get:20200504142516j:plain

消した後の状態

私の場合、ちょっと強くこすりすぎたのか、摩擦でソフト表面が熱を持ち、消しカスがねっとりし始めました

そして、それが原因なのか、プラスチック表面に少しだけこすった跡が残りました

f:id:appli-get:20200504142532j:plain

こすった跡が少し残っちゃった

光の当たり具合を変えないとわからないレベルですけどね。

直接の原因かはわかりませんが、チャレンジする際は、あまり力を入れずにこすりましょう。

なんにしても、プラ消し一つで強引に消せることが証明できました。

補足

中性洗剤を使ってみる

一応、油汚れに該当するかと思ったので、台所の中性洗剤と少々の水をティッシュになじませて、表面をふき(シール部はダメ)、乾く前に消しゴムでこすってみました。

すると、消しゴム単体でこするよりも、幾分早く文字を消すことができました。

f:id:appli-get:20200504142542j:plain

若干文字の跡が見える

ただし、完全には消せたものの、文字の幻影が残りました。

たぶんこれは消せないでしょうね。

最後に

私の手元にある積みゲーの中に、他にもマーカーで名前が書かれているソフトがあったので試してみましたが、消しゴムで消せるものと消せないものがありました

おそらく、

  • インクの種類 ⇒ 染料・顔料?
  • インクの状態 ⇒ 内部に染み込んでいないか?
  • (マーカーで書く前の)ソフト表面の状態 ⇒ プラスチックか?

などで、左右されるようです。

もし皆様の手元に同じような状態のソフトがありましたら、一度試してみてはいかがでしょうか。